コロナ特需の反動減が如実に!生協2021年度売上・利益率ランキング

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

生協宅配大

 2021年度の地域生協の経営状況は、新型コロナウイルス感染拡大下で利用が大きく伸びた20年度の反動減から、宅配事業、店舗事業ともにほとんどの生協で減収となった。総事業高(営業収益に相当)上位10生協のうち前年度を上回ったのはコープさっぽろ(北海道)だけである。

 事業別に見ると、宅配事業は前年度、コロナ禍での宅配ニーズの急増を受けて、上位10生協すべてが2ケタ伸長を遂げた。21年度はほとんどの生協で供給高(商品売上高に相当)が減収となってはいるものの、前年度の反動減を鑑みると高い水準を維持しているといえる。対して店舗事業は全体的に落ち込み幅が大きい。

 収益性を表す指標の1つである総事業高・経常剰余(経常利益に相当)率についても、20年度は上位10生協すべてが前年度を上回ったが、21年度は低下した生協が多くなった。22年度に入ってからは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media