無印をテナント導入したコープさっぽろやまはな店の売場づくりを解説

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

生協宅配大

コープさっぽろは2021年11月11日、札幌市中央区に「コープさっぽろやまはな店」をオープンした。「都心型のモデル」と位置づける店舗で、協業を進める良品計画の「無印良品」が初めて同生協の店舗にテナント出店しているほか、食品売場では店内加工の即食商品の販売に力を入れている。コープさっぽろの最新の店づくりをレポートする。

無印良品と調和した共同スペース開発

 やまはな店は、札幌市電山鼻線「石山通」駅の南東すぐ、JR各線「札幌」駅から南へ約5㎞に立地する。札幌市内でも中央部に位置し、コープさっぽろが中央区へ新規出店するのは34年ぶりとなる。コープさっぽろは今後、年間でスクラップ&ビルドを含めて計2~3店の新規出店を実施していく方針。そうしたなか、やまはな店を今後、都心部へ出店する際のモデル店と位置づけ、都心部のニーズへの対応を強化しているのが特徴だ。

 建物構造は2階建てで延床面積は計3490㎡。1階にコープさっぽろの食品スーパー(SM)が入り、2階には同生協の店舗で初めて「無印良品」を誘致した。食品だけでなく日常使いの生活雑貨も購入できる利便性を提供する。

コープさっぽろやまはな店
無印良品の隣にはイートインスペースを設置した

 無印良品に隣接する場所にはイートインスペースと、組合員や住民らの交流拠点「トドックステーション」を併設している。ともに無印良品と調和した空間設計で、落ち着いた雰囲気のなか時間を過ごせる。とくに「トドックステーション」はコープさっぽろのなかでもトップクラスで利用者が多いという。

 無印良品では生活雑貨以外に食品も扱い、無印良品の出入口すぐの場所に売場を配置した。1階のSMとのカニバリゼーションが心配されたが、開業後とくに大きな影響はなくすみ分けが図れているという。

コープさっぽろやまはな店の「トドックステーション」
「トドックステーション」はコープさっぽろの店舗の中でも利用者が多い

専門店のような品揃え「トヨヒコスイーツ」

 1階のSM

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media