コロナ禍2年目における「家飲み」の実態

株式会社ライフスケープマーケティングトータルサービス部 マネージャー:倉田悠
Pocket

「手づくりレモンサワー」は食中酒としての需要も

 割材需要の拡大と併せて、家庭内で「焼酎+炭酸水+レモン」からつくるいわゆる「手づくりレモンサワー」の出現も増加している。レモンサワーのつくり方別構成比を見てみると、「焼酎+炭酸水+レモン」はコロナ禍前から徐々に出現が拡大し、21年3月~22年2月期に大きく増加した。同様に、家庭内で炭酸水を割材として使用する「レモンサワーの素使用」もコロナ禍以降増加した。一方で、缶チューハイなどの「市販品レモンサワー」は減少傾向となった【図表②】。

【図表②】レモンサワーのつくり方別出現構成比

 コロナ禍では炭酸水自体の出現が拡大し、アルコールへの割材使用だけでなく、そのまま飲む用途も増加した。炭酸水が持つ、飲料にも割材にも使用できる汎用性が、割材使用拡大の背景のひとつにありそうだ。そのほかには、食中酒としての需要も考えられる。食MAPでレモンサワーの食卓機会別出現割合をつくり方別に見てみると、「市販品レモンサワー」は夕食の割合が88%であるのに対し、「焼酎+炭酸水+レモン」は夕食の割合が94%となることから食中酒需要を推測することができる。自分好みのアルコール度数に調整ができるほか、甘さが抑えられる点が食事と合わせやすいのかもしれない。

 家飲みが定着したなかでアルコールの楽しみ方にも変化が見られ、今後も継続的に動向を把握する必要がありそうだ。

食MAP®のロゴ

食MAP®とは、株式会社ライフスケープマーケティングが提供するマーケティング情報システム。1998年10月から首都圏30km圏内在住の主婦世帯を対象に、食品の購買、調理、消費までをパネル形式で調査したもの。

※食MAP®データにつきまして、無断転載は禁止とさせていただきます。

株式会社ライフスケープマーケティング
TEL:03-3515-7088
http://www.lifescape-m.co.jp/

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態