眠っていた小銭が新しい価値を生む!「売上増に直結する1㎡」とは

2021/12/15 09:00
株式会社アーキスカイ
Pocket

アーキスカイ

コインスターは1992年、アメリカで産声を上げた斬新な硬貨カウント・ソリューションだ。家庭やオフィスに眠っていた利用目的のない小銭を再び生き返らせることで、店舗や利用者、ひいては社会経済や環境にとって新たな価値を生み出す仕組みといえる。ここでは、コインスターとは何か簡単に紐解くとともに、設置する店舗にとってどのようなメリットがあるかを説明する。さらに、コインスターを実際に導入した小売流通店からの生の声をお届けする。

コインスターとはなにか

 意図せずたまってしまった小銭の扱いに困った覚えはないだろうか?コインスター(Coinstar®)は、そうした世界中に普遍的にあるニーズに向けて、1992年、アメリカで誕生した硬貨のカウント・ソリューションだ。事前に硬貨を分別したりまとめたりすることなく、そのままマシンに投入するだけで、紙幣への両替や商品支払いに利用できる大変便利なサービスである。

 昨今、キャッシュレスなどによって小銭を使う機会が減り、さらに銀行店舗数の減少も相まって、自宅で使われずに眠る小銭の量は増えていく一方だ。こうした小銭をコインスターで活用することにより、消費者の家計の一助となるとともに、社会経済面でも硬貨を再流通させるメリットが出てくる。

 コインスターの利用方法は極めて簡単だ。①マシンの画面をタッチして操作開始。②硬貨をトレイに入れ、マシンに流し込む。③硬貨のカウントが自動的に始まり、すべて数え終わると硬貨の総額から手数料を引いた額の引換券が発行される。④引換券を設置店舗のサービスカウンターに持っていき紙幣に両替したり、キャッシャーに持っていき商品購入に利用したりできる。

設置直後から売上を生む

 それでは、コインスターのマシンを設置する小売店にとってのメリットは何なのだろうか?まず、小売店にとってコインスターは、家庭やオフィスに意図せずたまってしまった大量の小銭を直接、売上に転換できるマシンといえる。

 具体的には、利用者が支払う手数料(取扱金額の一律9.9%)から、コインスターの設置台数と利用状況に応じて、小売店に設置手数料が支払われる。設置や運用にかかるコストはすべてコインスターが負担し、小売店が担うのは設置スペース(およそ1メートル四方)と電気代(2~3千円/月・台)のみである。

 コインスターのマシン本体は、コインスターが所有・維持するため、小売店にとって設置や維持のために追加料金や時間を要することはない。つまり、コインスターの導入に小売店の投資は不要で、かつ、資本投資や操業費、維持費も不要である。

店舗内消費にも有効

 次に、コインスターでは手数料収入という直接的なメリット以外に、間接的に小売店の収益拡大に貢献する経済的な効果が期待できる。それは、コインスターの利用を目的に店舗を訪れた利用者が、利用後に店舗内で滞留するで小売店の売上につながるメリットだ。もともと家庭やオフィスに「眠っていた」利用目的のない小銭なので、コインスターは利用者の消費欲を誘うキッカケになりやすい。

また、リアルタイムの監視と訓練された技術者による定期的なメンテナンスが、常にマシンを最良のコンディションに保ち、カスタマーサービスチームが日々の問題解決に対応している。* 取扱店舗によって選択が可能

設置事業モデル

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media