インド最大の小売業 リライアンス・リテール、その躍進の秘密と外資苦戦の理由

文:下村 健一(アジアジャパンデスク統括)
Pocket

インドの小売市場で圧倒的な存在感を放つのが、食品小売や家電量販などさまざまな業態を展開するリライアンス・リテール(Reliance Retail)だ。本特集「売上平均8.5%増!日本企業も続々ランクイン、世界の小売業ランキング2023の「急成長小売企業ランキング」で4位につけるなど、世界全体でも成長著しい小売企業の1つである。同社の成長の背景と、今後の可能性について解説する。

リアル小売で覇権をとりつつ、卸売EC事業にも進出

 インドは小売ビジネスにおける外資規制が厳しく、ウォルマート(Walmart)やアマゾン(Amazon.com)といったグローバルメガリテーラーも参入障壁の高さゆえに苦戦を強いられている市場だ。こうした外資勢は、インドでは実店舗小売市場という“本丸”で排除された結果、卸売やEC事業にフォーカスしてきたという歴史がある。

 その一方で、リライアンス・リテールはインド最大の財閥グループの小売事業会社として、外資リテーラーが動きづらい実店舗領域でトッププレーヤーとして君臨。インド小売市場におけるローカルプレーヤーの雄として、なお拡大を続けている企業である。

リライアンス・リテールHPトップページ
インド最大の小売企業であるリライアンス・リテールは、実店舗事業から卸売業、EC事業まで幅広く事業を展開し、急成長を遂げている

 食品を中心に扱う小型フォーマット「スマート・ポイント(Smart Point)」や、家電量販店「リライアンス・デジタル(RelianceDigital)」といった主力事業のオーガニックな成長だけではなく、2020年にはインド小売2番手のフューチャー・グループ(FutureGroup)を買収。また、小売に限らず卸売業にも触手を伸ばしており、22年にはメトロ・インディア(METRO India)を買収するとも発表した。

 さらには実店舗領域だけでなく、外資勢の主戦場であるECにも事業を拡大。20年には家具専門ECのアーバン・ラダー(Urban Ladder)を買収するなど精力的な展開を続けている。

地場の零細小売との“共生”で成長図る

 リライアンス・リテールは経営戦略のテーマとして、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態