ホールフーズが「アマゾン・ゴー」方式を導入した店舗を出店へ ウォルマートが導入した新たな配達サービスとは?

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

ウォルマート、配達請負事業を開始

 ウォルマート(Walmart)の米国事業であるウォルマートUSは8月24日、新たな配達サービス「ゴーローカル(GoLocal)」を導入することを発表した。「ゴーローカル」は、ウォルマートUSの配達機能をほかの事業者が利用できるサービスである。

ウォルマートUSのゴーローカル」
ウォルマートUSは配達サービス「ゴーローカル」をスタートする

 ウォルマートUSは過去3年間で、注文可能な16万点以上の取り扱い商品を、ウォルマート3000店舗以上を拠点にして国内人口の70%近くに2時間以内に届けることができる体制を構築した。また、ドローンや自動運転車の活用、フルフィルメント・センター開設にも取り組んできた。「ゴーローカル」は、こうした配達機能をサービスとして提供するものである。

 仕組みはこうだ。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media