エリクソン、第3四半期利益が予想上回る 中国5G事業などで

ロイター
Pocket

エリクソンのロゴ
スウェーデンの通信機器大手エリクソンが21日発表した第3・四半期決算は、コア利益が予想を上回った。ストックホルムで2009年4月撮影(2020年 ロイター/Bob Strong)

[ストックホルム 21日 ロイター] – スウェーデンの通信機器大手エリクソンが21日発表した第3・四半期決算は、コア利益が予想を上回った。利益率上昇と中国の第5世代(5G)通信開始が奏功した。通年の業績目標達成にも自信を示した。

決算発表を受けて、株価は一時9%上昇した。

粗利益率は前年同期の37.8%から43.2%に上昇し、2006年以来の高水準になった。

リベラムのアナリストによると、利益は主にネットワーク部門で稼ぎ、調整後の営業利益率は22.7%と、予想の17.8%を大幅に上回った。

調整後の営業利益は90億スウェーデンクローナ(10億ドル)で、前年同期の65億クローナから増加。リフィニティブのアナリスト平均予想の69億8000万クローナを上回った。

総売上高は1%増の575億クローナ。

1─9月の調整後営業利益率は11.1%。同社は2020年の目標を10%以上、22年目標を12─14%としている。

新型コロナウイルス流行による混乱にもかかわらず、エリクソンは主力のネットワーク事業で売り上げを拡大。米政府の圧力を受けて中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を排除する国が増える中、エリクソンの5G事業契約は前四半期の99件から112件に増加した。

ただ、スウェーデン郵便電気通信庁(PTS)は20日、5G通信網にファーウェイと中興通訊(ZTE)製品の使用を禁じると発表。これを受け、中国との関係が悪化する恐れがある。

エリクソンは中国の大手通信3社に5Gネットワーク通信機器を供給している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media