小売業販売額、12月は前年比0.3%減 3カ月ぶりマイナス=経産省

ロイター
Pocket

衣料品店イメージ
経済産業省が28日公表した商業動態統計速報によると2020年12月の小売業販売額は前年比0.3%減少し、3カ月ぶりのマイナスとなった。都内の衣料品店前で2020年12月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] – 経済産業省が28日公表した商業動態統計速報によると2020年12月の小売業販売額は前年比0.3%減少し、3カ月ぶりのマイナスとなった。ロイターがまとめた民間予測中央値は0.4%減だった。

業種別では百貨店などの各種商品が前年比9.5%減、燃料が同8.4%減、織物・衣服が同4.4%減、飲食料品が同1.4%減だった。

一方、機械器具は同16.4%増、自動車は同3.9%増、医薬品・化粧品は同1.7%増だった。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media