週刊スーパーマーケットニュース ベルク、ドライブスルーサービス開始

2020/05/30 16:24
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

1週間のスーパーマーケットに関するニュースをまとめた『週刊スーパーマーケットニュース』。アメリカのスーパーマーケットでは一般的なカーブサイドピックアップ。これは事前にオンラインで注文した後、店舗外にある専用の場所で注文品を受け取れるサービスだ。日本では浸透しないと考える小売トップが多かったが、コロナウイルス感染拡大に伴い潮目が変わりそうだ。ベルクがドライブスルーサービスを開始したのだ(5月22日〜28日のニュースをまとめました)。

ベルク 川越新宿店
写真はベルク川越新宿店

ライフコーポレーション
西宮北口店オープン

 ライフコーポレーションは、阪急神戸本線・今津線の「西宮北口」駅から南西約500メートルの場所に、西宮北口店を5月27日オープンした。店舗の周辺は近年、人口・世帯数とも増加していて、学生やオフィスワーカーを中心とした単身世帯やニューファミリー層が多く居住する。
 同店では、毎日の食生活をサポートする簡単・便利な商品の品揃えを強化。また、気軽に立ち寄れる店舗を目指し、食料品のほか日用品、医薬品、肌着なども取り扱い、買い回りやすい売場を提供していく。
 売場の特徴は、以下の4点。
①味・素材・製法にこだわったオリジナルの惣菜を、小量目から大容量まで、種類を豊富にした。
②周辺の顧客層に合わせ、おいしく作れる簡単で便利な商品をアピールした。
③健康な食生活をサポートする商品を積極的に提供していく。
④コンパクトな売場ながら、2階にはドラッグコーナー、肌着売場を導入。また、学生や子どもが多いエリアであることを踏まえ、文具や学童用品の品揃えを強化し、駄菓子コーナーも設置した。

  • 所在地・・・・・兵庫県西宮市芦原町8-10
  • 売場面積・・・519坪
  • 売上目標・・・21億円
  • 従業員数・・・89名(社員19名、パートナー70名)

オーケー
6月、7月に新店連続オープン

 「高品質・Everyday Low Price」を掲げるディスカウントスーパーマーケットのオーケーが、6月17日に辻堂羽鳥店(神奈川県藤沢市)を、7月15日には八千代緑が丘店(千葉県八千代市)をオープンする。

バロー
ドライブスルーの“ainomaピックアップ”開始

バローは2019年7月、多くの人が働く工場などの事業所向けに商品の配送事業ainomaを開始したが、5月中旬よりドライブスルーで商品を受け取ることができる“ainomaピックアップ”を始めた。現在までに契約している28事業所でainomaを、広見店(岐阜県可児市)で“ainomaピックアップ”を行うことになる。広見店には専用のピックアップ・スペースが設けられ、商品は14時から20時までのあいだに受け取れる。

ベルク①
ドライブスルーサービスを開始

 5月20日から埼玉県戸田市の戸田中央店で、事前ネット注文による野菜・果物セット(税込2,000円)のドライブスルー受取りを開始した。ネット注文で事前に予約した商品を車から降りずに受け取ることができ、接触を極力少なくした安全・安心な方法で商品を提供する。好評であれば、ほかの店舗での実施や商品ラインアップの追加も行う。

ベルク②
創業の地を応援

 創業の地である埼玉県秩父地域への貢献のため、一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社と協業して、5月17日に狭山店で「コロナに負けるな!助け合い秩父マルシェ」を開催した。好評だったことから、狭山店(埼玉県狭山市入間川)での継続開催や、その他の店舗での実施も検討する。

ウオロク
企業版ふるさと納税で創業地に寄付

 企業版ふるさと納税制度を活用して、2,000万円を創業の地・新発田市(新潟県)に寄付した。官民連携により今後も「新発田市地域活性化プロジェクト」に取り組んでいく。

ユニバース
「資源ごみ回収ステーション」整備に寄付

 昨年度、有料で販売したレジ袋の収益金の一部を「古紙等の資源ごみ回収ステーション」の整備費用として寄付する。青森県が推進する「もったいない・あおもり県民運動」に賛同した取り組みで、昨年までの10年間で、延べ79団体に総額約1,180万円を寄付した。今回の寄付金額は約140万円。各市町村の廃棄物担当者を窓口にして、9月中旬に寄付先を決定する。

関西スーパーマーケット
レジ袋無料配布終了を延期

 関西スーパーマーケットは6月1日から予定していた41店舗でのレジ袋の無料配布終了を延期する。すでに23店舗では終了しているが、延期とした店舗については、コロナウイルス感染症拡大対策で折り込みチラシを休止したことで、顧客への事前告知が不十分と判断した。周知期間の確保や、終了直後のレジ付近での説明対応による3密を避けるための延期措置。

 同社はまた、酪農家支援の取り組みとして全店64店舗で、5月28日から31日まで学校給食用牛乳を販売する。酪農家の要請と、農水省から発表された日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」に賛同した取り組み。200ml(税抜98円)牛乳を4,000本用意した。

アクシアル リテイリング
新型コロナウイルス対応の御見舞実施

 コロナウイルス感染症が拡大する特殊な緊急事態の状況下、ライフラインとしての使命を果たすべく業務に取り組む従業員の慰労と感謝のため、特別有給休暇の付与と御見舞品(商品券)を支給する。グループ全企業13社の全従業員約1万6,300人が対象。特別有給休暇は6月1日から9月30日までのあいだに1日付与し、6月16日には2,000円〜5,000円のグループ共通商品券を支給する。

イオン東北
宮城県のブランド米の弁当類を販売

 宮城県、全農みやぎと連携して、県のブランド米「だて正夢」を使用した弁当類を、5月27日から県内のグループ39店舗で販売する。冷めても柔らかく、弁当に適した米であることから商品化した。おにぎりや寿司など7種類で、うち5種類は固定商品として取り扱う。

マックスバリュ東海
「沼津内浦産養殖真アジ」を販売

 5月30日・31日、静岡県、神奈川県、山梨県のマックスバリュ、キミサワ、グラッテ、ザ・コンボの80店舗で、「沼津内浦産養殖真アジ」を販売する。消費機会の拡大と生産者の応援、地域の活力を高めることを目的とした。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media