食品強化型ドラッグストアはどう動く? 前編 コスモス薬品とクリエイトSD

ダイヤモンド・ドラッグストア編集部
Pocket

食品強化型ドラッグストア(DgS)の勢いが止まらない。コスモス薬品(福岡県)、クリエイトSDホールディングス(神奈川県)、クスリのアオキホールディングス(石川県)、Genky DrugStores(福井県)について、2021年通期決算説明会の経営トップの発言から今期の施策を把握したい。

コスモス上野毛

コスモス薬品は調剤へ本格参入

 コスモス薬品の2021年5月期(連結)業績は増収増益だった。売上高、利益は過去最高を更新。自社競合を厭わない積極出店、「安い・近い・短時間」の顧客ニーズへの対応、調剤併設への本格的な参入により、小商圏マーケットでのシェア拡大を推し進める。

 さらに、2021年7月の通期決算説明会では調剤事業への本格参入を明らかにした。

 「調剤併設型店舗は21年5月末で10店舗まで増えた。このコロナ禍で、政府の規制改革推進会議の場や政治の世界でも、面分業を後押しする話が出てきている。いよいよ面分業の時代が始まると判断し、このタイミングで調剤薬局事業への本格参入に踏み切ることにした。世の中のニーズに合わせ、消費者のため、便利で喜ばれる店づくりをしていくのが当社の務めだと考えている。今期以降、毎期20~30店舗、調剤薬局を新設していく予定だ。新店で最初から調剤併設型店舗として出店することもあれば、既存店に薬局を併設する場合もある」(横山英昭社長)。

 また、2022年5月期は関東地区へ積極出店を進める方針だ。

 「22年5月期は、関東・中部・関西で70店舗、そのほかの地区で50店舗、計120店舗の出店を目標としている。関東地区は、これまでわれわれが地盤としてきた西日本に比べ家賃も高いが、その分、人口も多く所得も比較的高い。当社では、新規出店から3年間は赤字を見込んでいるが、ここまでの店舗を見る限りは、来店客数は非常に多く、立ち上がりも順調にきている。地域のニーズに合わせた商品をしっかり品揃えし、あらゆる商品が同じ価格で毎日安いEDLP(エブリデー・ロー・プライス)を実行していけば、確実にお客さまの支持を得られるのではないか。十分な手応えを感じ始めたところだ。また、関東の郊外は、出店可能な立地は十分にあると考えている。関東でも、当社が得意とする郊外型店舗をどんどん出店していきたい」(横山社長)。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media