フードデリバリーの枠を超える!ウーバーイーツがスーパー、コンビニの配送をする理由を事業責任者に聞く

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

配達員の姿を街で見かけない日はないほどになった「ウーバーイーツ(Uber Eats)」が日本に上陸したのは今から約5年前、2016年9月のことだ。渋谷、恵比寿、六本木など東京の一部地域からスタートしたサービスは現在、35都道府県まで拡大、加盟店は9万5000店舗(21年4月現在)まで増加した。フードデリバリーサービスの代名詞といえるまでに成長したウーバーイーツは、2019年8月からローソンと提携し一部の店頭商品の配送を開始、現在はスーパーマーケット(SM)各社などにもその対象を広げている。そのねらいについて、Uber Eats Japan ニューバーティカル事業部門ゼネラルマネージャーのユリア・ブロヴキナ氏に話を聞いた。

なぜ今グロサリー配送なのか

 ウーバーイーツがグロサリー配送に参入する大きな後押しとなったのは、ウーバーイーツを利用したことがあるユーザーに対して2020年に実施した調査の結果だった。「フード(飲食店メニュー)以外でどういうものを届けて欲しいか?」という質問への回答で最も多かったのはSMなどで販売されているグロサリーを含む食品や雑貨で、他にも生花や薬、ミールキットなど想定以上のバリエーションの回答が寄せられた。また、ウーバーイーツに対するイメージで最も多かったのは“スピーディーさ”で、「社会の持つデリバリーへの多種多様なニーズと、ウーバーイーツの持つスピード感を掛け合わせることで、十分サービスとして成立すると判断した」(ブロヴキナ氏)。

 冒頭で述べた2019年8月から行なっていたローソン(東京都/竹増貞信社長)との取り組みでは当初、社内からも「すぐ近所にあるコンビニエンスストアの商品を、配送料を支払ってまで届けて欲しいという人が本当にいるのか」という疑問の声があったという。しかし実際には、想像をはるかに上回る利用があり、現在では全国のローソン1500店舗に拡大して配送を実施している。決してすぐ近くの店舗で簡単に手に入るものだからといって配送需要が低いわけではないのだ。このことからSMの配送にも十分な需要があるという確信を得ることができたという。

 現在、提供地域に差はあるものの、SMではマックスバリュ東海(静岡県/神尾啓治社長)、光洋(大阪府/平田炎社長)、西友(東京都/大久保恒夫社長)などをはじめ、成城石井(神奈川県/原昭彦社長)やビオセボン(東京都/岡田尚也社長)など、高質・オーガニックなど専門性の高いSMの配送も実施している。これらのパートナー企業の開拓には、ウーバーイーツ側からの働きかけによるものと、企業側からの申し出で実現したものが半々で、ここでも改めてグロサリー配送のニーズの高さを実感したという。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media