伊藤忠、ファミマに対するTOBが成立、ファミマは上場廃止へ

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ファミリーマート
伊藤忠商事は8月25日、子会社のファミリーマートに対して行っていたTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。

 伊藤忠商事は8月25日、子会社のファミリーマートに対して行っていたTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。買い付け予定数の下限は約5011万株だったが、約7900万株の応募があった。

 伊藤忠はファミマ株の50.1%を保有しているが、TOBの成立により保有比率は65.71%に高まる。残りの株式については、株式併合によって取得する予定。株式併合が実行された場合、ファミマは上場廃止となる。

 伊藤忠はファミマを完全子会社化した後、全国農業協同組合連合会(JA全農)と農林中央金庫にファミマ株の4.9%を売却し、戦略パートナーとして関係を強化する方針。商品調達や地域活性化、海外展開などで連携を図る計画だ。その他、伊藤忠ではグループの総合力を生かして、ファミマの物流コスト削減やグループ共通でのデータ活用などを進め、ファミマの事業基盤を強化する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media