ライフ、アマゾンでの宅配エリアを都内20区4市に拡大、今夏までに

2020/04/14 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ライフ、アマゾンジャパンの有料会員向けサービス「プライムナウ(Prime Now)」のエリア拡大
生鮮食品や総菜、店内で焼き上げたパンなど数千点の商品を注文することができる

 ライフコーポレーションは4月11日、アマゾンジャパンの有料会員向けサービス「プライムナウ(Prime Now)」を通じた食品宅配の対象エリアを東京都内の12区に拡大した。今夏までに都内の20区4市に順次広げていく。

 同社は2019年9月、板橋区、新宿区など都内7区でプライムナウを通じた食品宅配を始めた。今回、中央区や江戸川区など5区を新たに対象エリアに追加、夏までには渋谷区、世田谷区、武蔵野市、三鷹市などにも広げる。

 プライムナウを利用するには、年会費4900円(または月会費500円)を払ってアマゾンプライム会員として登録する必要がある。ライフはプライムナウ専用のアプリで注文を受けると、対応店舗のスタッフが店頭の商品をピッキングし、アマゾンの配達員に渡す。生鮮食品や総菜、店内で焼き上げたパンのほか、プライベートブランドの加工食品など数千点の注文を受け付けており、注文の当日または翌日に商品を届ける。

 配送時間は正午から午後10時までで、2時間単位で時間を指定することができる。最低注文金額は2000円。配送料は6000円未満の注文で440円、6000円以上1万円未満で220円、1万円以上で無料となっている。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media