ベイシア、衝撃の低価格!298円ミールキットは市場を開拓するか!?

2019/06/06 05:05
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

徹底したローコスト運営によるエブリデー・ロープライスを強みとするベイシア(群馬県/橋本浩英社長)が、5月24日にオープンした「ベイシア三浦店」(神奈川県三浦市)で、オリジナルのミールキットシリーズ「O-easy su-easy(オイージー スイージー)」の実験販売をスタートした。ミールキットはその値段と日持ちの問題などから、小売側の期待を下回る市場の伸びが続いている。ベイシアの低価格ミールキットは、市場拡大の起爆剤となるか!?

ベイシアのミールキット
ベイシアはオリジナルのミールキットシリーズ「O-easy su-easy」の実験販売をスタートした

低価格だけじゃない!
「健康」と「ボリューム」も訴求

 

 ベイシアのミールキットで、何より注目されるのが、その価格だ。同シリーズには、1人前と2人前の商品があり、1人前は298円(税抜、以下同)または398円、2人前は498円という低価格を実現しているのだ。

298円シリーズ
298円のミールキットは、Mizkanと共同でメニューを開発。ぽん酢を使用することでヘルシーなメニューに仕上げている

 詳しく商品を見ていくと、最安値の1人前・298円のミールキットは、「カリカリ豚肉と野菜のぽん酢炒め」「あっさり中華丼」「さっぱり焼きうどん」「和風あっさり焼きそば」など8SKU。カット済の青果と調味料がセットになっており、好みによって精肉などを買い足して調理する、というものだ。10~15分ほどの調理時間で完成する。
 調味料の1つには、食品メーカーのMizkan(愛知県)のぽん酢「味ぽん」が付いている。実は、298円の商品についてはベイシアとMizkanが共同でメニューを開発。ユニークなシリーズ名のうち「su-easy」は、ぽん酢の「酢」と「炊事」、そして英語で「簡単」を意味する「easy」を掛け合わせてつくられたものだ。ぽん酢を使用することで、ヘルシーなメニューに仕上げていることも他社にはない特徴と言える。

398円のフローズンタイプのミールキット
398円のミールキットは冷凍タイプ。冷蔵庫または流水で解凍すれば、あとはフライパンで5分ほど加熱するだけで食卓に出せる

 1人前・398円のミールキットは、冷凍タイプで、冷蔵庫または流水で解凍すれば、あとはフライパンで5分ほど加熱するだけで食卓に出せる。肉を使った「牛肉と玉ねぎのカルビ焼き」「黒酢酢豚」「鶏肉とトマトのガーリックチーズ」のほか、「魚介の野菜の麻婆炒め」「魚介のチリソース炒め」「いかと野菜の酢豚風炒め」などの魚を使用したメニューを合わせて10SKUほど販売している。

498円の商品はチルドタイプ。見た目にもボリューム感のある商品だ
498円の商品はチルドタイプ。見た目にもボリューム感のある商品だ
カット済みの精肉と青果、調味料を、店内でプラスチックBOXに詰めて販売する
カット済みの精肉と青果、調味料を、店内でプラスチックBOXに詰めて販売する

 2人前498円の商品は、チルドタイプで販売する。前述の2つは取引先メーカーが製造、供給するのに対して、カット済みの精肉と青果、調味料を、店内でプラスチックBOXに詰めて提供。見た目にもボリューム感のある商品だ。メニューは「本格、石焼風ビビンバ」「ガーリックバターチキン」「甘辛味噌仕立てホルモン炒め」の3SKUをラインアップする。調理時間は10~15分の設計になっている。

次のページは
ベイシアが低価格ミールキットを展開する本当の狙い!

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media