米国内で240万人の雇用を支援=アップル

2019/08/16 12:00
ロイター

8月15日、米アップルは、ウェブサイトに掲載したリリースで、間接雇用も含めて米国内で推計240万人の雇用を支えていると明らかにした。写真は昨年9月にカリフォルニア州で撮影(2019年 ロイター/STEPHEN LAM)

[15日 ロイター] – 米アップルは15日、ウェブサイトに掲載したリリースで、間接雇用も含めて米国内で推計240万人の雇用を支えていると明らかにした。

2017年に示した推計値200万人からの20%増となる。

直接雇用する従業員は2年半前の8万人から9万人に増加した。ただ、増加分の大半は、アップル製品の部品を米国内で製造するブロードコムなどの関連企業や、アップル製品向けアプリを開発するサードパーティーでの雇用の伸びによるもの。

アップル関連の雇用は190万人で、前回推計値から32万5000人増えた。

推計値の算出方法などは明らかになっていない。間接雇用の数は分析方法により大きく変動する。

アップルは、製品の大半を中国で組み立てているため、トランプ米大統領などから批判を浴びている。

同社は昨年12月、テキサス州ノース・オースティンに10億ドルを投じて新たなキャンパス(社屋)を建設し、また新たなデータセンターに100億ドルを投資すると発表した。米国での2万人の雇用創出に向けた5年間の投資の一環となる。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media