PPIH ドン・キホーテ、アピタ等で11月1日よりプラ製スプーン等の配布を廃止

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

PPIH プラ製スプーンなどの配布を廃止 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(東京都)は11月1日より国内のドン・キホーテ、アピタ、ピアゴの各店舗で、プラスチック製の使い捨てスプーンとストローの無料配布を廃止した。今後は環境に配慮した木製のスプーンと紙製のストローを有料(1本3円)で提供する。

 また、プラスチック製のフォークも廃止し、代わりに箸を提供する。(箸は今まで通り無料で配布)

 同社はこの取り組みにより、年間約35トン相当のプラスチック削減を見込んでおり、気候変動や海洋プラスチックごみ等の環境問題解決に貢献する。2030年までに国内店舗で顧客サービスのために使用するプラスチック使用量を70%削減(2019年度比)することを目標に設定している。

 

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態