イオンモール 新コンセプト、屋外広場一体型の商業施設「nONIWA」 埼玉県羽生市「イオンモール羽生」に10月14日オープン

Pocket

イオンモールの新コンセプト「ノニワ」のロゴ
「nONIWA」ステートメント・ロゴ

 イオンモール(千葉県)は9月5日、屋外で広場一体型となった新しい商業施設のコンセプト「nONIWA(ノニワ)」を発表した。

 この新しいコンセプトでは、「多様な生活スタイルや趣味に関連する専門店との出会い」、「人と人がつながる場所」、「快適な広場と環境」を軸に、販売、体験、交流、新しい価値を提供する。

 同コンセプト第1号として、埼玉県羽生市の「イオンモール羽生」西側に羽生「nONIWA 」を10月14日に先行オープンする。2024年秋には体験ゾーンもオープン予定。

 「イオンモール羽生」は2007年に開業し、群馬県、栃木県、茨城県など広域地域からの利用者も多い。また、昨年は屋内外に3つの新しいPARK(公園)を設置した。施設は、核店舗であるイオン羽生店と約200の専門店、アミューズメント施設で構成されている。

 今回、これまで平面駐車場として使用していた建物西側エリアに新たなPARK(公園)を設置し、北関東で初めての大型アウトドア専門店「アルペンアウトドアーズ」などの外部棟や「芝生と噴水のある広場」を配置する。

 さらに、2024年秋にはアウトドアサウナパークや、グランピング、ベランピング施設が導入予定となっており、宿泊体験や時間滞在型コト消費を提案する。RVパークでは、キャンピングカーのレンタルや販売、キャンピングカー旅行者を対象にしたキャンプ場駐車スペースも設置する予定となっている。

 敷地の中央には広場を設置し、専門店や地域団体と連携したアウトドアならではのイベントも実施される。また、敷地内のベンチには「かまどベンチ」も設置されており、災害時の炊き出しを行えるようにするという。

イオンモール羽生にオープンする羽生「nONIWA」のイメージ(3)
パースはイメージ

■施設概要
・施設名称:イオンモール羽生
・所在地:埼玉県羽生市川崎2丁目281番地3
・敷地面積:約232,000㎡
・延床面積:約128,000㎡(増床前比 23年秋:+約 4,000㎡)
(増床前比 24年秋:+約11,000㎡)
・総賃貸面積:約 90,000㎡(増床前比 23年秋:+約 4,000㎡)
(増床前比 24年秋:+約11,000㎡)
・建物構造:鉄骨造 地上3階建
・駐車台数:約5,000台
・専門店数:約200店舗
(増床前比+外部棟 23年秋:2店舗/24年秋:5店舗 合計:店舗計7店舗)(予定)
・リニューアル日:2023年秋(予定)/2024年秋(予定)

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態