米衣料品、中国系通販と提携=フォーエバー21とシーイン―オンライン販売で

時事通信社
Pocket

フォーエバー21はチャプターイレブンを申請、その後ABGの元で再スタートを切っている(写真は2012年、zodebala/istock )
米ファッションブランド「フォーエバー21」の運営会社は24日、中国発ファッション通販大手「シーイン」と提携したと発表した。(写真は2012年、zodebala/istock )

 【ニューヨーク時事】米ファッションブランド「フォーエバー21」の運営会社は24日、中国発ファッション通販大手「シーイン」と提携したと発表した。ユーザー数が世界で約1億5000万人に上るシーインを通じ、オンライン販売を強化することなどが狙い。

 発表によると、シーインは、フォーエバーなどのブランドを手掛ける米スパーク・グループの約3分の1の株式を取得。スパークはシーインの少数株主になる。シーインを通じフォーエバーの販売を拡大する一方で、米国内のフォーエバー店舗でシーインの商品を取り扱ったり、返品を受け付けたりする試みも検討しているという。

 フォーエバーは2019年に日本から撤退したが、日本のカジュアル衣料アダストリアなどと組んで今年再進出した。シーインは日本を含む世界で低価格衣料品の通販を展開するほか、東京・原宿に店舗も構えている。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態