コメリの「国産ヴィンテージ調枕木」が「ウッドデザイン賞2022」を受賞

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

コメリの「国産ヴィンテージ調枕木」が「ウッドデザイン賞2022」を受賞
主に群馬県周辺の伐採適齢期を迎えた杉材を使用し、植林・育成・伐採・再植林の循環を行うサステナブルサイクルに貢献する製品となっている。(画像はプレスリリースより)

 コメリは、同社のオリジナル製品「国産ヴィンテージ調枕木」が、一般社団法人日本ウッドデザイン協会が主催する「ウッドデザイン賞2022」を受賞したと発表した。

 同製品は、国産の杉材を100%使用した軽量・高耐久なヴィンテージ風の庭園装飾材。主に群馬県周辺の伐採適齢期を迎えた杉材を使用し、植林・育成・伐採・再植林の循環を行うサステナブルサイクルに貢献する製品となっている。

 使い方では、立てる・敷く・積むという3通りがあり、凹凸、毛羽立ちなどのヴィンテージ加工とダークブラウンの塗装によって和風・洋風どちらの庭にもマッチする。また、防虫・防腐加工を施し、木口には割れ防止の釘を入れることで、施工後の形状変化を防止し、10年以上の耐久性を確保しているのが特徴。

 ウッドデザイン賞は、木で暮らしと社会を豊かにするモノ・コトを表彰し、国内外に発信するための顕彰制度で、今年は8回目。今年から応募分野が5分野となり、コメリの「国産ヴィンテージ調枕木」は、ライフスタイルデザイン部門の木製品分野において受賞となった。コメリにおいてウッドデザイン賞は本年が初受賞。なお、同部門・同分野からは14点が受賞しており、他に受賞した製品には、イトーキのワーカーのウェルビーングな働き方をサポートするビッグテーブル「シルタ」などがある。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media