シノプス、AIを活用した自動値引システムの提供開始、クラウドで

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

シノプスが提供するサービス「sinops-CLOUD AI 値引き」
AIが過去の売れ行きデータや天気予報などをもとに、値引き率や値引きのタイミングを判断する

 小売業向けの自動発注システムなどを開発・運営するシノプスは、食品スーパーの店頭で販売される総菜やパン、日配食品などの自動値引システムの提供を始めた。人工知能(AI)が最適なタイミングと値引率を判断する。

 サービス名は「sinops-CLOUD AI値引き」で、クラウド経由で提供する。AIが過去の売れ行きデータや天気予報などをもとに、値引きの判断を行う。同システムはラベルプリンターとの連携が可能で、値引きしたい商品のバーコードをスキャナーで読み取ると、値引率の算出と値引シールの発行を自動で行う。

 消費期限の短い総菜や日配などの商品は、廃棄処分を減らすために値引販売を行うのが一般的だが、売場担当者が商品ごとに値引きのタイミングや値引率を判断するのが難しい。シノプスでは、同システムを活用することで経験が浅い担当者でも最適な値引きが行えるとしている。

 シノプスは在庫管理や自動発注、客数予測などのシステムをsinops-CLOUDシリーズとして提供している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media