【ツルハHD】既存店好調で営業益は34.5%増、6~8月期

2011/09/16 11:57
Pocket

 ドラッグストア大手のツルハホールディングスが発表した2011年6~8月期の連結業績は、既存店売上高が前年同期比3.2%増と好調で、営業利益は34.5%増の58億円に伸びた。関東地区で営業時間を延長した効果などで既存店の客数は1.1%増、化粧品や健康食品のカウンセリング販売を強化したことなどから客単価は2.1%増となった。

 

 プライベートブランド商品の積極展開などにより粗利益率が0.7ポイント改善し、27.9%となったことも利益増に結びついた。期間中に20店舗を開設、3店舗を閉鎖し、売上高は6.6%増の820億円となった。

 

 12年5月期の連結業績予想は従来通りで、売上高3138億円(前期比4.8%増)、営業利益165億円(5.0%増)を見込む。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media