オークワ、スマホレジ「ショピモレジ」を実験導入、三井物産が開発

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「ショッピモレジ」のイメージ
利用者がスマホで商品バーコードを読み取り、専用レジで会計を済ませる

 オークワは4月1日から、「オークワ本社中島店」(和歌山市)で三井物産が開発したスマートフォン型セルフレジプラットフォーム「ショピモレジ」を実験導入する。

 利用者は専用アプリをダウンロードしたスマホで商品バーコードを読み取り、買物の最後に「お会計」をタップ、専用レジでアプリの表示した会計用バーコードを読み取らせて支払いを済ませる。現金払いのほか、クレジットカードや電子マネー、バーコード決済に対応する。

 アプリにはおすすめ商品の紹介やクーポンの配信、来店ポイント付与などの機能がある。ショピモレジ利用時も、オークワの買物ポイント「オーカードポイント」が付与される。

 ショピモレジは、ドラッグストアの新生堂薬局(福岡市)の一部店舗で導入されている。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態