生協宅配、独擅場の次

新型コロナウイルス(コロナ)感染拡大下で食品小売各社が好業績に沸くなか、ひと際好調ぶりが目立つのが、国内食品宅配市場トップの生協陣営だ。課題であった店舗事業の不振や配送現場の人手不足もコロナ禍で解消傾向にあり、さらには宅配ニーズの高まりも追い風に一気に成長気運を高めている。競合の生鮮宅配やネットスーパーも勢いを増すなか、生協陣営は次にいかなる攻勢に出ようとしているのか──。

© 2020 by Diamond Retail Media