食品MD大全2022

長期化するコロナ禍はスーパーマーケット業界にもさまざまな影響を与えている。コロナ禍2年目となる2021年度は、売上が回復傾向にある総菜やベーカリーを再強化する動きや、ニーズが急速に伸びている冷凍食品拡充の取り組みが多くみられた。こうしたニーズの変化による対応のほか、世界的な原価高騰への対策を講じる必要性も強まっている。これらを踏まえ、2022年はどのような商品政策を構築すればよいのか。有力各社の取り組みを取材した。

© 2022 by Diamond Retail Media