ダイエー、スマホ会計の「レジゴー」導入、東京・江東区の2店舗で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

店頭で貸し出す専用スマホか、利用者が自分のスマホにダウンロードした専用アプリを使って会計を済ませる

 ダイエーは、通常レジに並ばずに会計を済ませられるスマートフォン(スマホ)会計の「どこでもレジ レジゴー」の導入を始める。まずは東京都江東区の2店舗で8月下旬に導入する。

 レジゴーは店頭で貸し出す専用スマホか、利用者が自分のスマホにダウンロードした専用アプリを使って会計を済ませる仕組み。イオングループの一部店舗で利用できるが、ダイエーで導入するのは今回が初めて。

 利用者はスマホのカメラで商品バーコードを読み取り、レジゴー専用レジで2次元バーコードを読み取るだけで会計を済ませられる。支払いには現金のほか電子マネー「WAON」、クレジットカードを利用できる。

 8月24日から「ダイエー東大島店」、同26日から「ダイエー南砂町スナモ店」で導入する。レジゴー専用レジには、指を近づけるだけで操作できる「非接触パネル」を採用した。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media