オーケーやU.S.M.Hで採用!高精度スキャンで業務負担を軽減するスマホのスキャンアプリ

Pocket

店舗業務のDXのイメージ

日頃から使い慣れているスマホを最大限に活用
スキャンアプリ活用による店舗業務DX

2020年以降の新型コロナ感染拡大によって、消費者の購買行動が大きく変化しています。市場環境も変化しており、リアル店舗に加えて、EC事業の伸長やネットスーパーの需要拡大により、店舗におけるスタッフの業務が以前よりも増しています。オンライン注文のフルフィルメントから在庫チェック、荷受けまで、店舗スタッフがやらなければならないのが実情です。

こうした業務負担を軽減するため、店舗における一連の業務をスマートにサポートし、今までなかった体験まで提供できるデバイスといえば、何を思い浮かべるでしょうか。そう、皆様がお持ちのスマートフォン(スマホ)です。スマートフォンで稼働するスキャンアプリを活用して、店舗スタッフの作業負担を軽減するソリューションに注目が集まっています。海外に目を向けると、2021年7月にウォルマート(Walmart)が74万人のスタッフにSamsung Galaxy XCover Proを業務利用デバイスとして支給する計画を発表しました。

スマートフォンは店舗スタッフの負担軽減をサポートしますが、スキャンディット(Scandit)のバーコードスキャン技術を採用することによって、さらに従業員満足度を高めることが可能になります。スキャンディットはスイス・チューリッヒに本社を置くIT企業。バーコード読み取りや文字認識、物体認識、拡張現実(AR)を組み合わせた独自のデータキャプチャ・プラットフォームを開発。スマホやタブレット、ドローン、ウェアラブルデバイスなどカメラ搭載の端末用のアプリにその技術を提供しています。

スキャンディットは日本国内ではイオンリテールの「レジゴー」やオーケー、海外ではデンマークやスイスのコープなどの欧米の小売大手に加え、米国の二大買物代行サービスであるインスタカートとシプトがスキャンディットを採用するなど世界各国で1700社以上の導入実績がある。

今回提供するレポートでは、COPE(会社支給の端末)戦略またはBYOD(私有端末の業務利用)戦略を実現するために、店舗スタッフが日頃から使い慣れているスマートフォンを最大限に活用する方法を紹介します。本レポートを参考に新機能を導入することで、店舗スタッフに仕事のしやすい環境を提供して従業員満足度を高め、効率的な店舗運営を実現するきっかけにしていただければ幸いです。

店舗業務のDXのイメージ

本レポートの内容

  • 店内ピッキングアプリの開発:ハプティック(Haptic)技術を活用した触覚フィードバック機能搭載のスマートフォンアプリ
  • 棚管理の最適化:複数の商品をまとめてスキャンして業務の高速化と効率化を実現
  • 在庫情報チェックの簡素化:抜群の読み取り速度と最高水準の精度で実現

レポートのダウンロードはこちらから

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media