トランスコスモス、ECプラットフォーム「ショッピファイ」の導入支援開始

Pocket

ショッピファイのアイコン
世界175カ国で100万以上のオンラインストアがショッピファイを利用している。

 トランスコスモスは4月14日、EC(インターネット通販)プラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」の導入支援サービスを開始した。社内にショッピファイ専任チームを発足させ、新規導入や既存ECサイトからの移行などを支援する。

 カナダが本拠のショッピファイは、自社ECサイトの構築や商品登録、在庫管理、受注管理などEC店舗運営に必要な機能をクラウドで提供するSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)型のECプラットフォーム。世界175カ国で100万以上のオンラインストアがショッピファイを利用している。

 ショッピファイは、リアル店舗とオンラインストアとの情報連携や、各種SNSでの商品販売、越境EC対応などの機能も提供している。

 国内では楽天がショッピファイと連携し、米国のEC店舗が「楽天市場」で越境ECを始められるサービスを4月7日から開始している。

記事執筆者

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局は、DCSオンラインを通じて、食品メーカーやIT・通信などの事業者様が、小売業へPRや協業などを検討する際の最適なパートナーとなります。小売業との協業を増やしたい、小売業へのアプローチをしたいなどのご用命は、ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局へお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態