セブンイレブン、国内4社のバーコード決済導入、計9種類に

2019/09/10 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

aupay ゆうちょpay d払い rpay
KDDI、NTTドコモ、ゆうちょ銀行、楽天の国内4社のサービスを導入する

 セブン-イレブン・ジャパンは10月1日から、スマートフォン(スマホ)アプリを使ったバーコード決済サービス「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」を全国の約2万1000店舗で新たに導入する。

 同社はすでに「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」と中国の「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」を導入しており、10月からはセブン-イレブン店舗で計9種類のバーコード決済が使えるようになる。

 セブン&アイ・ホールディングスが7月に始めたバーコード決済「7pay(セブンペイ)」は、不正利用が発生したため9月末でサービスを終了する予定。今後は他社のバーコード決済サービスとグループの電子マネー「nanaco」、交通系電子マネーなどでキャッシュレス決済に対応する。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media