ペイペイとドコモ、スマホ決済の不正利用被害を補償制度で全額カバー

2019/08/29 11:23
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

PayPay ペイペイ D払い
不正利用時の補償制度を利用規約に明記した

 ソフトバンクグループ傘下のPayPay(ペイペイ、東京都千代田区)とNTTドコモは8月28日、スマートフォン(スマホ)アプリを使ったバーコード決済サービスで不正利用があった場合、被害を補償する制度を導入した。不正利用時の補償制度を利用規約に明記、同日から運用を始めた。

 スマホ決済サービスとしてペイペイは「ペイペイ」、NTTドコモは「d払い」を運用しているが、これまで不正利用被害には個別に対応していた。今後は、不正利用の被害者に対して、両社とも原則として被害の全額を補償する。また、スマホ決済サービスを導入している加盟店に対しては、不正取引が行われた場合も売り上げ金額の全額を入金する。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media