変化の激しい時代に必要なマーケティングとは?
売上を最大化させる広告投資

Pocket

大きく社会を変えた新型コロナウイルス(以下、コロナ)。コロナによる消費者行動の変化は企業のマーケティング活動にも大きな影響を与えた。マーケターは、過去の経験や知識だけでなく、データに基づいた意思決定の重要性をあらためて認識させられた。コロナ禍の消費者心理や行動の変化を踏まえ、今後のマーケティング活動はどうあるべきなのか。変化の激しい環境下で求められる対策とは。

広告効果分析で変化に強いマーケティングを実現

コロナ禍では、非対面・非接触が推奨されるなど、消費者とのコミュニケーション手段が制限された。そのため、消費者の購買タイミングに選ばれるブランドになるためのブランディング広告の重要性が再認識されている。また、コロナをきっかけに、広告投資と売上の関係を今まで以上にシビアに評価する企業が増えている。しかし、前述のブランディング広告は、売上と紐づけた効果分析が難しく、これまではROI(投資対効果)で評価されることは一般的ではなかった。そこでいま、ブランディング広告をはじめ、あらゆる広告施策のROIを横並びで評価し、広告投資を最適化するための広告効果分析へのニーズが高まっている。

いま、改めて注目されているのが「MMM(マーケティング・ミックス・モデリング)」という分析手法だ。マーケティング施策は、個別施策の最適化だけではなく、施策間の波及効果や相乗効果を踏まえた全体最適化が重要である。MMMは、オンライン・オフライン施策問わず、売上への効果を同一指標で評価することができる。さらに、外部要因(天候、競合広告、コロナ影響など)も分析に組み込むとこができ、海外では主流の分析手法になっている。しかし、MMMは様々な要素を分析に組み込むため、プロの分析官であっても分析に時間がかかり、素早いアクションに活かせないこともある。このような欠点をカバーしたのが、MMMツール「ADVA MAGELLAN(アドバ マゼラン)」だ。

国内No.1*¹のMMMツール「ADVA MAGELLAN

ADVA MAGELLAN」は、プロの分析官が膨大な工数を割く分析の試行錯誤をシステム化することで「分析精度」と「スピード」を担保している。専門的な知識がなくても、売上や施策などのデータを入力するだけで、プロモーションを統合的に分析することができる。「ADVA MAGELLAN」は大手消費財メーカーをはじめ170社以上*²の企業が採用し、国内で圧倒的な支持を獲得している。

特別レポートでは、マーケティング投資の最適化により売上拡大を支援する「ADVA MAGELLAN」の活用メリットとコロナ禍でも広告投資の最適化に成功した企業事例を紹介している。

*¹株式会社ショッパーズアイ調べ(調査期間:2019年10月)
*²2021年11月現在

特別レポートのダウンロードはこちら

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media