ファミマ、パナソニックと協業でAIやIoT活用のコンビニ実験店、横浜市にオープン

2019/04/03 10:50
ダイヤモンド・リテイルメディア社

両社協業と導入ソリューションの全体像
両社協業と導入ソリューションの全体像

 ファミリーマートは4月2日、パナソニックと協業してAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などのデジタル技術を活用した次世代型コンビニエンスストアの実証実験店舗「ファミリーマート佐江戸店」(横浜市都筑区)をオープンした。

 同店では、AIを使った顔認証による決済、店内に設置したカメラや熱感知センサーで収集した情報を従業員が身に付けたウェアラブル端末に通知することによる業務効率化、店内の混雑状況やスマートフォン(スマホ)アプリでのアンケート情報などを組み合わせた販促と店内レイアウトの最適化、スマホアプリによる注文・決済と店頭での商品受け取り、配達などについて実証実験を行う。商品の価格や販促情報を表示できる電子棚札も設置した。

 パナソニックが設立した子会社、ストアビジネスソリューションズ(横浜市)がファミリーマートとフランチャイズ契約を結び、同店を運営する。

 ファミリーマートでは、同店で実証した技術を今後、他の店舗にも展開することで、店舗運営の省力化や顧客満足度の向上を図る計画だ。

 

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media