アクシアル、好調要因は総菜にあり! 「原信安曇野店」に見る、強さの秘訣

大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

 アクシアル リテイリング(新潟県/原和彦社長:以下、アクシアル)傘下の原信(同)は5月28日、長野県安曇野市に「原信安曇野店」(以下、安曇野店)をオープンした。地元デベロッパーが開発する近隣型ショッピングセンターに、「ニトリ」「ケーズデンキ」「コメリ」などのテナントとともに出店している。長野県への出店は6店目、同県の中信地域への出店は初となる。

原信 安曇野店
5月28日、長野県安曇野市にオープンした「原信安曇野店」

コロナ禍2年目も
売上が実質、過去最高

 今回とくに注目したいのが、安曇野店の総菜売場だ。アクシアルの2022年3月期連結決算の売上高は2464億円、営業利益は103億円。今回、期首から「収益認識に関する会計基準」などが新たに適用されたため、前期比は発表していないが、売上高は実質過去最高で、営業利益、経常利益、純利益はいずれも過去2番目の水準となっている。

 21年度は前年度の“コロナ特需”による反動減の影響を受けた企業が多かったなか、アクシアルはなぜこのような好業績を達成することができたのか。
原和彦社長が主な要因の1つに挙げるのが、総菜部門の好調である。21年度は、前年度よりも徐々に人の動きが増えて内食需要が落ち着き、その一方で即食需要が回復を見せた。こうしたなか「当社がずっと追求してきたおいしさにこだわった商品開発が、お客さまからの支持獲得につながった」と述べている。
 では、実際に総菜部門ではどのような売場づくり、商品開発を行っているのか。アクシアルの最新店である「原信安曇野店」を例に見ていこう。

ベーカリー売場
安曇野店の総菜・ベーカリー売場

1 2 3

記事執筆者

大宮 弓絵 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

1986年生まれ。福井県芦原温泉出身。同志社女子大学卒業後、東海地方のケーブルテレビ局でキャスターとして勤務。その後、『ダイヤモンド・チェーンストア』の編集記者に転身。最近の担当特集は、コンビニ、生協・食品EC、物流など。ウェビナーや業界イベントの司会、コーディネーターも務める。2022年より食品小売業界の優れたサステナビリティ施策を表彰する「サステナブル・リテイリング表彰」を立ち上げるなど、情報を通じて業界の活性化に貢献することをめざす。グロービス経営大学院 経営学修士

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態