ハンバーガー業界で進む“植物由来”化とモス、グリーンバーガーの挑戦

2020/04/10 05:19
兵藤雄之

ハンバーガー=ジャンクフードというイメージが根付いている一方で、健康に配慮した、あるいは肉をなるべく食べずに環境に配慮したいという高まるニーズに対応し、植物性由来のパティを使用したハンバーガーを投入するチェーンが米国を中心に増えてきている。日本でもついに、あのモスフードサービスが商品を投入した。

モスフードサービスが導入した、植物由来原料を使ったグリーンバーガー
モスフードサービスが導入した、植物由来原料を使ったグリーンバーガー

植物由来食品は、食の一大潮流

 食品業界に特化したトレンドリサーチの世界的リーディングカンパニー、INNOVA  MARKET  INSIGHT。同社の日本カントリーマネージャーを務める田中良介氏は、昨年(2019年)4月に開催された「ファベックス2019」の場で「TOP TEN TRENDS 2019」を発表、「植物性由来食品は、本物の肉半分、ヴィーガンミート半分といったハイブリッドにも受け入れられ、まだ伸び続ける」という背景からトレンドの2番目に「THE PLANT(植物由来)KINGDOM」をあげた。

 そのトレンド予測を裏付けるかのように、「PLANT」の波は、ジャンクな食べ物の代表と言われるハンバーガーにも訪れている。

 世界100カ国以上に店舗を展開するバーガーキングは、198月から、米国フードテック企業Impossible Foods(インポッシブルフーズ)が開発した、濃縮大豆プロテイン(たんぱく質)やじゃがいもプロテインを原材料とするパティ使用の『Impossible WHOPPER』を全米で販売開始した(ソースにはマヨネーズが使われており、ヴィーガン向けではない)。

 世界最大のハンバーガーチェーン、マクドナルドも、20199月、カナダ・オンタリオ州でNew Plant-Based BurgerThe P.L.T.(Plant. Lettuce. Tomato.)』のテスト販売をスタートさせた。こちらは同じく米国フードテックのBeyond Meat(ビヨンド・ミート)のパティを使用している。

 そして日本でも、203月、モスフードサービス(東京都/中村栄輔社長)が、東京および神奈川の9店舗限定で、MOS PLANT-BASED GREEN BURGER『グリーンバーガー』(538円+税)を販売開始した。「グリーン」というネーミングは、環境や健康、モスバーガーのイメージを表しており、ほうれん草のピューレ―が練り込まれた緑色の「グリーンバンズ」を使用しているのもその象徴だ。

 いずれもPlantベースのプロテインのパティを使用しているが、Impossible WHOPPERは「heme(ヘム)」という肉特有の風味を出す成分を含んでいたり、グリーンバーガーの場合は大豆由来の植物性たんぱくをベースにこんにゃくやキャベツを加えて食感をプラスしている。

 

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media