ハンバーガー業界で進む“植物由来”化とモス、グリーンバーガーの挑戦

兵藤雄之
Pocket

他の植物由来バーガーと比べた、グリーンバーガーの特徴

 この3つのバーガーの栄養成分を比べてみると(表参照)、Impossible WHOPPERThe P.L.T.は、グリーンバーガーに比べて、摂取カロリーが高い。それに対し、グリーンバーガーはコレステロール「0」、脂質や食塩相当量も、少なく抑えられており、健康志向を意識していることがうかがえる。

図表 3社のハンバーガーの栄養素比較
図表 3社のハンバーガーの栄養素比較

 モスフードサービスは、これまでにも健康に配慮したメニューを開発してきた。

 04年には、バンズの代わりにレタスではさんだハンバーガー「モスの菜摘(なつみ)」を発売(その後、いったん販売休止されたが、2016年から定番商品となった)。09年からは、山形県産の米粉を100%使用したバンズに、豚肉と玉ねぎを混ぜ込んだハンバーグをはさんだ「低アレルゲン」メニュー(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生を原材料に使用しない)の提供を開始。2015年には、大豆由来の植物性たんぱくを使用した「ソイパティ」商品の販売をスタートさせた。

 そして今回の「グリーンバーガー」だ。

 パティが植物性由来の原材料でできているだけでなく、バンズも動物由来の原材料(肉、魚、卵、乳製品など)不使用。トマトのソースは、にんじん、ごぼうで食感を加え、さらに数種類のハーブで味に深みを加えている。仏教などで食を禁じられている臭いの強い野菜(五軍=ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)を使用しないのも特徴のひとつ。

※ グリーンバーガーは、パティ、バンズの調理の際に、他の動物性食材と調理機器を共有しており、コンタミネーション(混入)の可能性があるため、「ヴィーガン」および「ベジタリアン」対応の商品ではない

 販売初日に食べてみたが、正直、驚いた。パティの食感は、さすがに本物の肉よりも弱いが、脂っぽさが少ない分、シニア世代でも、食べた後に胃がもたれるような感覚にはならず、健康的なハンバーガーという印象が強い。

 

グリーンバーガーを投入する理由

 同社広報によれば「ハーブ感がとてもいい、野菜がたっぷりでうれしい、肉の食感も感じられ満足感があるといった声が届いており、予想以上の売れ行き」だという。

 先行販売の状況を見たうえで「5月ごろに全国販売をめざす」としているが、「販売数によって判断する」というより、店舗でのオペレーション(製造時)の改善点や、テイクアウト時の注意点などを確認するためのもので、「グリーンバーガーは企業としての姿勢を示すもの。ブランド価値の向上を目指するために位置づけられた商品」(広報)という。

 グリーンバーガーの可能性についてINNOVAの田中氏は「インポッシブルミート、ビヨンドミートでもそうだが、本物の肉と比べて物足りなく感じるのは仕方がない。グリーンバーガーは見た目の色合いもいいし、五軍を使用しないというのも、十分、話題性がある」としたうえで、「植物性由来だけを訴求するなら、(グリーンバーガーを食べなくても)サラダでいいわけで、『プロテイン×植物性』をしっかり打ち出し、たんぱく質も摂取できる点をアピールしてもいいのでは」と語っている。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media