注目メーカー=ワークウエアの自重堂、秋冬の新製品と戦略

2019/08/16 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

タフ&ストレッチの「Jawin」新アイテムのほか「Z-DRAGON」ではフルハーネス対応型ウエアも

機能性とデザイン性を両立させた新商品を展開

 自重堂は2019年秋冬向けに多くの注目される新商品を発売する。

 まず人気ブランドの「Jawin(ジャウィン)」では、「タフ&ストレッチ」をテーマに、引き裂き強度や引っ張り強度に優れたストレッチ素材を使用したジャンパー「52700」、長袖シャツ「52704」、ノータックカーゴパンツ「52702」などを投入。春夏商品でも人気が高かったデザイン性とスリムなシルエットを訴求する。

 また、コンプレッションのハイネックロングスリーブ「58234」は、背中部分に高機能中綿をキルティングし、機能性を高めている。

急成長を続ける「Z‐DRAGON」

 また同社の主力売れ筋ブランドへと成長した「Z‐DRAGON(ジィードラゴン)」では、男女兼用の「71900」シリーズに加え、フルハーネス対応のワークウエア「72000」シリーズを発売する。

 労働安全衛生法の改正に伴い、フルハーネスの着用が義務づけられる高所での作業シーンに対応するもので、両肩部分に高強度ナイロン素材「コーデュラ®」を採用。

 このほかさらにカジュアル性の高いデザインの防風ニットパーカーや、フルハーネスを着用した上から着られる防寒2品番を新たにラインアップしている。

 また、セーフティシューズについても3シリーズ4品番を発売。ミドルカットやローカットタイプなどさらにラインアップが充実した。高いデザイン性が若年層のユーザーの注目を集めそうだ。

自重堂秋冬新商品

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media