韓国食品トレンド、多様なカテゴリーにわたってコーナー展開が活発化!

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

韓国食品は、以前からキムチや韓国のり、即席麺などが広く導入されていたが、世界的な「K-フード(Korea Food)」躍進の波に乗って、より多様な食品が日本でも存在感を高めている。最近の新店から、さまざまなカテゴリーにおける売場事例を見ていこう。

韓国関連商品を集約して
注目度を高める

 最近の新店では、韓国関係の商品を、カテゴリーにこだわらず幅広く導入する傾向が強まっている。また関連商品を集約した専用コーナーを展開する例も増えている。

 「KOHYO阪急三国店」では、従来型のキムチコーナーに、韓国メニュー系のセット商品や調味料などを展開する。こうした売場展開は他店でも多く見られる。

KOHYO阪急三国店の品揃えの充実したキムチコーナー
品揃えの充実したキムチコーナーの上段に「トッポギセット」「チヂミの素」などの関連商品を配置する/KOHYO阪急三国店

 また「ライフ西荻窪店」では、「韓国食材」のボードをストレートに掲げた専用コーナーを展開。調味料やセット商品、飲料などを揃える。「マルエツ板橋南町店」は、店内随所に酒類や菓子類などの韓国コーナーを戦略的に展開。そのほかに専用の平台で「おうちで韓国気分!」「やみつきの美味しさ 韓国食材」などのボードを掲げたコーナーを展開する。

ライフ西荻窪店の人気の高い輸入調味料などを幅広く展開する専用コーナー
人気の高い輸入調味料などを幅広く展開する専用コーナーを展開。飲料もあわせて陳列する/ライフ西荻窪店
ルエツ板橋南町店ではチルドの平台で多様な韓国食材を展開
チルドの平台で多様な韓国食材を展開。ボードや棚帯など、全体として韓国風の雰囲気を演出する/マルエツ板橋南町店

 また冷凍食品の専用業態としてオープンした新フォーマットの「イオンスタイル新浦安MONA@FROZEN」でも、「韓国ドラマで見た K-Foodを食卓へ」のボードを掲げた専用コーナーを設置。トッポギやスンドゥブなどの人気メニューを取り揃える。

イオンスタイル新浦安MONA@FROZENでは「K-Food」というキーワードをボードや扉など随所でキャッチとして使用
「K-Food」というキーワードをボードや扉など随所でキャッチとして使用。関連商品を集約することで、注目度を高める/イオンスタイル新浦安MONA@FROZEN

 このほか酒類についても、専用コーナーを設置する新店が多い。「イオンスタイル毛呂山」は、「韓国のお酒を楽しもう!」のボードを掲げたゴンドラを2本設置。韓国焼酎やマッコリなどの多様なフレーバーを、多くのフェイスを確保して展開している。

イオンスタイル毛呂山の韓国焼酎やマッコリなど、シリーズ商品の多様なフレーバーを打ち出す専用コーナー
韓国焼酎やマッコリなど、シリーズ商品の多様なフレーバーを打ち出す専用コーナーを展開。棚帯では「Enjoy K-style」のマークを掲げる/イオンスタイル毛呂山

こうした動きはトレンドや一種のブームをとらえようとするものだが、着実に販売実績につなげているチェーンが多いようだ。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態