専門卸発のフローズン専門店「FROZEN JOE’S」2号店に見る、冷凍食品最新トレンド

大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

冷凍食品卸のアイスコ(神奈川県/相原貴久社長)は9月28日、冷凍食品専門店「FROZEN JOE’S(フローズンジョーズ)」の2号店「FROZEN JOE’Sジョイナステラス二俣川店」(神奈川県横浜市:以下、ジョイナステラス二俣川店)を開業した。若い世代が多く利用する商業施設内への出店で、1号店から進化した売場づくりを行っている。

9月28日にオープンした「FROZEN JOE’Sジョイナステラス二俣川店」
9月28日にオープンした「FROZEN JOE’Sジョイナステラス二俣川店」

若い世代が集まる
商業施設へ出店

 「FROZEN JOE’S」の2号店は、相鉄本線「二俣川」駅に直結し今回増館した商業施設「ジョイナステラス二俣川」内に入居する。

 22年12月に開業した第1号店「元住吉ブレーメン通り店」(神奈川県川崎市)は、東急東横線「元住吉」駅西口から広がる地元に根付いた商店街沿いに出店し、幅広い層・世帯を対象に、新業態の売場づくりや品揃えを検証した。結果、想定どおりの利用と多くの知見やデータが得られたことから2号店を開業。今回は1日の平均乗降客数が7万人近くにも上る「二俣川」駅に入り、若い世代を中心に利用されている商業施設内へ出店している。

 アイスコは、70年以上にわたってアイスクリーム・冷凍食品の専門卸売業を展開する“フローズンのスペシャリスト”だ。物流センターやトラックも自社で保有し、配送の9割超を自社の従業員が担う自前の冷凍物流網を構築。長年かけて構築してきた全国各地のサプライヤーとのネットワークにより、あらゆる冷凍食品を調達できる。また、神奈川県内で食品スーパー「スーパー生鮮館TAIGA」を8店舗展開し、食品小売業での実績やノウハウも蓄積している。

潜在ニーズの高い
商品をセレクトし差別化

「FROZEN JOE’S」は、他店ではほとんど扱われていないが、潜在ニーズの高い商品をセレクトし品揃えすることで、差別化を図る
「FROZEN JOE’S」は、他店ではほとんど扱われていないが、潜在ニーズの高い商品をセレクトし品揃えすることで、差別化を図る

 そんなアイスコが自社の持つ強みを集結し、立ち上げたのが冷凍食品専門店「FROZEN JOE’S」だ。ストアコンセプトは「フローズンのスペシャリストが手がける冷凍専門店」。最大の特徴は、食品スーパーやドラッグストアで量販されているナショナルブランド商品はほとんど扱わず、他店では見かけない冷凍食品を全国各地から取り揃えている点だ。
 
 冷凍食品ニーズの高まりを背景に、昨今、冷凍食品専門店の開発が進んでいる。そうしたなか同社専務取締役の三國慎氏は「当社は冷凍食品の専門卸であり、品揃えはいくらでも広げられる。しかしそうではなく、他店ではまだほとんど扱いがなく、でも潜在ニーズの高い商品を選び抜いて提案するセレクトショップという点で差別化を図っていきたい」と述べている

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態