低カロリー甘味料市場、継続して購入する人が増えコロナ特需が一巡した21年も好調が続く

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ禍における健康意識の高まりにより伸長を続けている低カロリー甘味料市場。コロナ特需が一巡した2021年も好調は続いている。新規ユーザーが増えていることに加え、飲み物や料理などへの使用頻度もアップしているようだ。

おうち時間の増加で、料理やお菓子づくりに利用

 KSP-POSデータの低カロリー甘味料の期間通算(2021年3月~22年2月)の金額PIは910円で、対前年同期比5.2%増となった。月別金額PIは、前年の反動で前年割れとなった4月以外はすべての月で前年を上回った。2ケタ増で伸びている月もあり、9月は同14.8%増、2月は同10.2%増となった。コロナ禍において健康意識が高まったことで低カロリー甘味料に注目が集まり、新規ユーザーを獲得したことに加え、在宅勤務や外出自粛により、おうち時間が増えたことで、料理やお菓子づくりに利用され、使用頻度がアップした。継続して使用する人が多いことからコロナ特需が一巡した2021年も引き続き好調が続いている。

健康イメージ
コロナ禍における健康意識の高まりにより伸長を続けている低カロリー甘味料市場。コロナ特需が一巡した2021年も好調は続いている。 i-stock/kazuma seki

 また、在宅機会の長期化で梅酒やピクルスなどを自宅で漬ける人が増えており、こうした商品は砂糖を大量に使用するため、低カロリー甘味料に置き換える提案が好評だ。店頭で低糖質な梅酒やピクルスがつくれることをアピールすることで、単価アップを図ることができそうだ。

 この1年で低カロリー甘味料の価値が高まり、多くの人が流入してきたが、継続購入を促進するためにも日常的に使えるレシピを提案していくことが重要だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media