オオゼキや阪急オアシスが導入!ボトルネックを改善し、従業員満足度を高める店舗DXの勘所

2022/06/27 18:23
Pocket

小売業界においてデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速している。コロナ禍において激変する市場環境に対応すべく、リアル店舗を展開する小売業はテクノロジーを活用して、DXを推進することが求められている。

小売業界における共通する業界課題/組織課題

図表のように巣ごもり需要の増加やサブスクリプションのニーズ拡大など消費者ニーズが大きく変化している。リアル店舗では少子高齢化への対応、商圏縮小を踏まえた戦略見直しなど独自性強化が求められるとともに、EC拡大に伴いオムニチャネル化への対応と従業員のITリテラシー向上が必要とされている。

このような市場環境の課題を解決するためには、適切なデジタル投資が不可欠となる。なかでもリアル店舗とECの競争力を高めていくために重要なのが「人材活用」だ。小売業の競争力の源泉ともいうべき「人材」の育成・教育にデジタルを活用する動きが活発化している。

多店舗マネジメントツール「ClipLine」は、非正規社員を含めた組織マネジメントのデジタル化を双方向動画で実現するソリューションだ。本部、店長、売場スタッフを一気通貫で支援し、店長の右腕として機能する。店舗スタッフの教育・研修のデジタル化を促すとともに、店舗施策や売場づくりのナレッジの見える化を促進し、施策の徹底をサポートする。

ClipLineのアプローチ③本部・ミドルの両面支援 により組織のボトルネックを全て解消

加えて、ClipLineは小売業の経営課題や業務課題に対して、デジタル施策の導入支援や活用・運営設計から動画作成、定着化といった本部支援のコンサルティングまで行うことが大きな特長だ。

今回提供するレポートでは、小売業が抱える組織課題を解決するデジタル投資のポイントをわかりやすく説明。そして「ClipLine」を導入して、人材教育の改善や業務の効率化に大きな効果を上げている食品スーパーのオオゼキや阪急オアシス、ドラッグストアのアインファーマシーズやレディ薬局の導入・活用事例を具体的に紹介している。

受付は終了しました

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media