ユニリーバ、英蘭2本社を英持ち株会社に統合へ

ロイター
Pocket

ロンドンのユニリーバ社屋前
6月11日、日用品大手ユニリーバは、英国とオランダにそれぞれ置いている本社を英国の持ち株会社に統合する計画を発表した。写真はロンドンのユニリーバ社屋前で2018年3月撮影(2020年 ロイター/ Hannah McKay)

[11日 ロイター] – 日用品大手ユニリーバは11日、英国とオランダにそれぞれ置いている本社を英国の持ち株会社に統合する計画を発表した。

ユニリーバは発表文で2つの本社を統合することにより組織をスリム化できるほか、M&A(合併・買収)への柔軟な対応が可能になるとしている。

ユニリーバは紅茶事業の分離を進めており、2本社体制の下では分離が複雑になることが統合を目指す理由のひとつと説明した。

オランダのユニリーバNVのアムステルダム証券取引所への上場と、英国のユニリーバPlcのロンドン証券取引所への上場は影響を受けないとしている。また英蘭両国の事業や所在地、人員に変更はないという。

ニルス・アンダーセン会長は「統合により戦略的な柔軟性が増し、複雑性が取り除かれ、ガバナンスが一段と強化される」と述べ、オランダと英国へのコミットメントは変わらないと強調した。

統合はユニリーバNV株1株をユニリーバPlc株1株と交換する形で行う。英蘭両社の株主の承認が必要になる。オランダ政府は支持しているという。

ユニリーバはこれまでに本社をオランダに一本化する計画を打ち出したが、株主の反対により撤回していた。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態