【ダブリンB&Q店舗取材に見る】欧州2位のHC企業キングフィッシャーの戦略

2019/06/24 05:00
高浦佑介(『ダイヤモンド・ホームセンター』誌副編集長)

欧州ホームセンター(HC)市場は現在、首位の仏アデオ(Adeo)と2位の英キングフィッシャー(Kingfisher)が覇権争いをしている。ここ数年、好調のアデオに対して、キングフィッシャーは苦戦が続く。キングフィッシャーはどのようにして巻き返しを図るのか。アイルランドの首都ダブリンにある「B&Q」店舗取材からキングフィッシャーの最新戦略に迫る。
※本記事は「グローバルDIYサミット2019」のプログラムの1つ、ダブリンのHC店舗視察ツアーで取材した内容をもとにしている

B&Q外観
「B&Q」はイギリス、アイルランドで展開しているホームセンター。欧州HC2位の英キングフィッシャーの主力フォーマットの1つ

欧州10カ国で1300店舗展開
最近は利益面で苦戦

 キングフィッシャーグループは現在、イギリス、フランスを中心に欧州10カ国で約1300店舗を展開しているホームインプルーブメント企業である。

 主力フォーマットは、イギリスとアイルランドで出店している「B&Q」(約300店舗)と「Screwfix」(約600店舗)、フランスで展開している「Castorama」(約100店舗)、「Brico Dépôt」(約120店舗)である。

展開国
キングフィッシャーグループは欧州10カ国で1300店舗以上を展開。うち、B&Qは約300店舗

 2019年1月期の売上高は、対前期比0.3%増の116億ポンド(約1兆6000億円)でかろうじて増収となった。一方、小売部門のセグメント利益は、同11.4%減の7億ポンド(約100億円)と2ケタ減益となった。グループ全体の営業利益も2期連続減益となり、ヴェロニカ・ロリーCEOの引責辞任が発表された。

売上、利益
キングフィッシャーグループの売上高と小売部門の利益。対前期比ではかろうじて増収だが、大幅減益となった

中期経営計画で取り組む3つの戦略

 そのキングフィッシャーが巻き返しを図り、この3年間取り組んできたのが「ONE Kingfisher(ワン・キングフィッシャー)」戦略だ。現在はこの5カ年計画の4年目に当たる。

 ワン・キングフィッシャー戦略の柱となる政策は3つ。

One kingfisher
キングフィッシャーが掲げる5カ年中期経営計画のスローガン「ONE Kingfisher」。アニュアルレポートの表紙にも大きく書かれている

 1つ目は、商流の統合。国、フォーマットを問わず、商流を統合することで、スケールメリットを生かして原価を低減させる。さらに、プライベートブランド(PB)商品もグループで共通のものにする。これにより、高品質な商品を低価格で販売することをめざす。実際にこの3年間で、グループの40%の商流を統合した。

 「B&Q」の店舗視察ツアーでは、キングフィッシャーグループのPB商品を紹介してもらった。持ち手のところがゴム製で滑りにくくしているバールや、IoTで音楽を流すことができるライトが最近の注目商品であるという。

PB商品
キングフィッシャーグループのPB商品。B&Qだけでなく、すべての傘下企業で共通PBをつくっている
音声×ライト
IoTで音声を流すことができるライト。これもキングフィッシャーグループのPB

 2つ目は、デジタル活用だ。ECプラットフォームを各国で整えることに加えて、店舗受け取りサービスのクリック&コレクトに力を入れる。

 さらに、スタッフの店舗作業効率化にも取り組む。写真のように、スマホアプリを開発。店舗スタッフはこのアプリを見ることで、在庫量をリアルタイムで把握することができるなど、生産性を高めるためにデジタルを活用している。

アプリ
店舗スタッフ向けのアプリ。在庫量がリアルタイムでわかる。従業員の生産性向上施策の1つ

 3つ目は、オペレーションの効率化である。EDLP(エブリデー・ロー・プライス)戦略を強化することで、店内作業を軽減させることや、上記のアプリを導入することで、店舗作業を軽減させている。

 さらに、B&Qの店舗スタッフに聞いたところ、ガーデニングコーナーでは自動で水やりするスプリンクラーを導入している。これまで店が休みの日にもスタッフは水やりに出社しないといけない、など作業負担が大きかった。これも省力化に大きく貢献している。

ガーデニングコーナー
B&Qのガーデニングコーナー。自動で水やりができる仕組みを導入している

 上記の3つが「ワン・キングフィッシャー」の目玉施策である。

 ただ、この改革の実行中も出血は大きく、ロシア、スペイン、ポルトガルで約50店舗を閉鎖。とくに業績の悪いカストラマは2018年秋にCEOが更迭されている。

 

次のページは
フォロワー30万人超!?B&QのSNS戦略

1 2 3

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media