週刊コンビニニュース ローソン、中国・大連でSDGsに対応した最新型店舗をオープン

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

1週間のコンビニエンスストア(CVS)に関するニュースをまとめた週刊コンビニニュース。ローソンは7月30日、中国・大連市中山区解放路にアフターコロナ、SDGsに対応した最新型店舗「大連青泥窪橋旗艦店」をオープンした。パナソニックと協働し上海市に4月にオープンした「七莘路1010号店」に続く最新型店舗で、省エネ・省CO2の最新設備に加え、新たに専用アプリで注文した商品を受け取れるIoT非対面ロッカー、商品・広告などの情報を表示するデジタルサイネージ、学校に寄贈する本寄贈ボックスなどを設置。ほか、パナソニックの中国の植物工場で生産された水耕栽培野菜の販売も行っていく(7月27日〜8月2日のニュースをまとめました)。

ローソン

セブン-イレブン
<三重・愛知・岐阜>三重県産食材を使用した商品
長岡花火の「復興祈願花火フェニックス」に協賛
<岩手県>「いわて牛」と県産トマト使用の3品

 セブンイレブン・ジャパンは7月29日から順次、三重県を代表する食材「松阪牛」と「三重県産ぶり」を使用した商品を、三重県、愛知県、岐阜県内のセブン-イレブン1,430店舗で発売。また、「三重県産真鯛」と「伊勢茶」を使用した新商品も併せて発売した。

  • 「コシヒカリおむすび炙り焼き松阪牛」(税抜215円)
  • 「三重県産ぶり使用ぶり大根」(同398円)
  • 「三重県産真鯛のだし使用冷し塩ラーメン」(同430円)
  • 「伊勢茶オムレット粒あんホイップ入り」(同258円)

 また同社は、新潟県長岡市との「地域活性化包括連携協定」、長岡花火財団との「長岡花火オフィシャルパートナー協定」に基づき、長岡花火を応援する取り組みとして応援商品を5品発売した。7月29日から8月31日までの期間、新潟県内の店舗で販売する。

  • 「新潟県産米こだわりおむすび酒粕漬け生たらこ」(税抜165円)
  • 「辛口チキンカツカレー(かぐら南蛮使用)」(同460円)
  • 「冷たい生姜醤油ラーメン」(同420円)
  • 「鶏もも肉の酒粕塩麹焼(新潟地酒粕使用)」(同330円)
  • 「みたらしホイップのミルクプリン」(同218円)

 7月29日から順次セブン-イレブンは、岩手県産の原材料を使用した弁当など3品を県内の店舗で発売する。

  • 「いわて牛五ツ星の炭火焼きカルビ弁当」(税抜598円)
  • 「岩手県産トマトのBLT」(同328円)
  • 「岩手県産トマトのれもんジュレのせ」(同248円)

ファミリーマート
PBの“コレクション”から「ポテトチップス イカスミ味」
ダウンロード900万突破目前のキャンペーン

 ファミリーマートは、1994年に山芳製菓(東京都板橋区)が販売したイカスミ味のポテトチップスを、PB商品化して7月27日に再発売した。発売当初の味を再現し、イカスミと魚介系の旨みを感じるガーリックのパンチが効いた濃厚な味わいに仕立てた。税込138円。

 また同社は、8月3日から来年の2月28日までの期間、dポイント、楽天ポイント、Tポイントをファミマのアプリ「ファミペイ」に連携させ、200円(税込)ごとに2ポイントを還元するキャンペーンを展開する。通常1ポイントの還元が、期間中は毎週水・土曜日に2倍になる長期のキャンペーン。

ローソン
東京で「こども宅食」をスタート
福岡県で「DiDi Food」の取り扱いを開始
アルコール度数4%のオリジナルレモンサワー

 ローソンは7月26日から順次、「食品ロス削減・子どもの貧困などの社会的課題解決への寄与」を目的に、物流センターにおいて店舗への納品期限を迎えてしまった商品(賞味期間が残っている商品)などの余剰食品を、東京都品川区の「しあわせ食卓事業」と「子ども食堂ネットワーク」を通じて支援を必要とする家庭などに届けていく。7月19日に品川区と締結した「子どもの食の支援に関する合意書」に基づくもので、PB商品のほか、タオルや折りたたみ傘などの日用品、アルファ化米など、約1万個を区内の425世帯に配布。今回はローソンが主体となり、荷受けからピッキング・梱包作業までの全工程を社員が行う。

 また同社は7月27日、DiDiフードジャパン(東京都中央区)が運営するデリバリーサービス「DiDi Food(ディディフード)」の取り扱いを、福岡市の14店舗で開始した。DiDi Foodは、アジアで圧倒的なシェアを持つタクシー配車プラットホームの「DiDi Chuxing」(本社:中国)が立ち上げたフードデリバリーサービス。昨年6月に大阪で展開を始め、現在2府4県(大阪・福岡・兵庫・広島・京都・愛知)の飲食店と提携しており、小売業ではローソンが初めてとなった。これでローソンは、「Uber Eats」「foodpanda」「Wolt」「DiDi Food」の4社のデリバリーサービスを取り扱うことになり、導入店舗数も1,906店舗に増加した。

 8月3日ローソンは、LDH JAPAN、宝酒造と共同開発したアルコール度数4%のオリジナルチューハイ「レモンサワースクワッド4」(税込220円/350ml)を発売する。「アルコール度数が低い商品を発売してほしい」という顧客の声を受けて開発した商品で、従来のアルコール度数7%に比べて低く、濃厚なレモン感、焼酎の深い味わい、爽快な炭酸を味わえるレモンサワーにした。

ミニストップ
駅弁風シリーズ第8弾の「駅弁風トンテキ弁当」
スパイス香る大きな「台湾からあげ」

 ミニストップは7月27日、駅弁風シリーズ第8弾として「駅弁風トンテキ弁当」を発売した。厚切りの豚ロース肉を丸々1枚使用し、温めなくても柔らかく、香ばしさが持続するように焼き上げた。味の決め手ににんにくの効いたソースを使い、トッピングには黒豚の焼肉やブロッコリー・人参などの野菜を加えてボリューム感を出し、バランスを良くした。税込599円。

 また同社は7月30日、「台湾からあげ」を発売した。台湾の夜市で人気のからあげ「ザージーパイ(炸鶏排)」を再現した商品。鶏むね肉を使用した薄くて大きなからあげで、八角、シナモン、クミンなど8種類の香辛料を使用。奥深いスパイスの香りとやさしい甘みが広がるように仕上げた。税込213円。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media