週刊スーパーマーケットニュース イオン東北、レシピ動画アプリ「kurashiru」内でネットスーパーが利用できるサービスを開始

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

1週間のスーパーマーケットに関するニュースをまとめた週刊スーパーマーケットニュース。イオン東北は、dely(東京都港区)と提携し、レシピ動画アプリ「kurashiru」内で「イオンネットスーパー」が利用できるサービスを1月26日から開始した。「クラシル」のアプリで掲載されるレシピ動画によって、献立に必要な食材や調味料などの購入がさらに容易になる。また、日用品についても購入できるため、ネットスーパーをより便利に活用できる(1月22日〜28日のニュースをまとめました)。

イオンモールの外観
千葉市で2016年11月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

ヤオコー
「八千代研修センター・八千代寮」が完成

 ヤオコーは、出店エリア拡大に伴う環境整備と人材教育の充実のため、関東東部エリアに研修拠点と社員寮を兼ね備えた「八千代研修センター・八千代寮」を創設した。地上6階建で1・2階を研修センター、2~6階を社員寮(81室)として活用する。「川越研修センター」(2006年12月)、「若葉交流センター」(2012年7月)に続く、3番目の社員の教育機関となる。

  • 所在地・・・・・千葉県八千代市緑が丘西7-2-9
  • 敷地面積・・・1,552坪
  • 延床面積・・・1,489坪

ヨークベニマル
「メガステージ二本松店」オープン

 ヨークベニマルは1月29日、福島県二本松市に「メガステージ二本松店」をオープンする。同市への出店は、1982年開店の「二本松インター店」に続く2店舗目。食料品を中心に住居関連品も取り揃え、地域顧客の日常の食卓をより楽しく、豊かに、便利にするための提案を行っていく。商品の品揃えの特徴としては、鮮魚は原釜漁港の商品に力を入れ、新鮮な丸魚を提供。精肉は和牛の赤身の展開にポイントを置き、牛タンなどの内臓部位も幅広く品揃えした。青果は地場野菜コーナーを広めに設置した。また、オリジナル商品として、炙りの刺身、すぐ食べられる旬の魚、レンジアップ商品、オーブン料理商品なども展開していく。

  • 所在地・・・・・福島県二本松市作田247
  • 敷地面積・・・1万2,654坪
  • 売場面積・・・716坪(ヨークベニマル)
  • 年商見込・・・22億円
  • 駐車台数・・・524台
  • 従業員数・・・140名(正社員20名、地元採用者120名)

カスミ
常総市で移動スーパーを開始
「フードスクエアカスミ馬渡店」リニューアルオープン

 カスミは茨城県常総市との「包括連携協力に関する協定」(2020年9月締結)に基づき、1月25日から移動スーパーの運行を開始した。拠点店舗は「水海道栄町店」で、購買頻度の高い生活必需品約500品目を搭載。販売場所として市内に63ヶ所を選定し、日曜日を除く週6日間、1日10~11ヶ所を巡回して販売する。移動スーパーの合計車両は12台となった。

 また同社は1月22日、茨城県ひたちなか市の「カスミ馬渡店」をリニューアルし、「フードスクエアカスミ馬渡店」として再オープンした。フードスクエア業態への転換で、「安全・安心」「健康」「即食」をキーワードに、「品質・鮮度・味」にこだわった商品とメニューを提案していく。

  • 所在地・・・・・茨城県ひたちなか市馬渡向野2912-1
  • 売場面積・・・636坪
  • 営業時間・・・9時~24時
  • 駐車台数・・・265台
  • 従業員数・・・正社員12名、パート・アルバイト48名(7.75時間換算)

ユニバース
県民運動で「もったいない・あおもり賞」を受賞

 ユニバース 1月22日、「もったいない・あおもり賞(事業者の部)」を受賞した。ごみ減量・リサイクルや省エネに青森県民総参加で取り組む「もったいない・あおもり県民運動」に賛同し、食品廃棄物の削減や資源ごみのリサイクルを進める活動を認められたもの。

ハローズ
「伊勢丘店」リニューアルオープン

 ハローズは、2006年11月に開店した「ハローズ伊勢丘店」をリニューアル、1月21日に再オープンした。改装にあたっては、「地域密着および簡便性商品などの充実を目的とした品揃え・レイアウト変更」「省エネ対応を踏まえた店内設備の改修工事」を行った。24時間営業。

  • 所在地・・・・・広島県福山市伊勢丘3-3-1

サミット
「コルモピア」運営のサミット・コルモと経営統合
スフィーダ世田谷FCとスポンサー契約締結

 サミットは4月1日付で、サミットを存続会社として衣料品チェーン店「コルモピア」(現在42店舗)を運営するサミット・コルモを合併する。「生きる糧を分かち合うお店」「スーパーマーケットの枠を超えた存在」を目指し、サミット・コルモの衣料品も一体運営していく。

 また同社は、2021年度も日本女子サッカー「なでしこリーグ」の「スフィーダ世田谷フットボールクラブ」との間でスポンサー契約を行う。同クラブは2020年度2部リーグで優勝を果たし、2021年度シーズンから1部リーグ所属となった。メインスポンサーとして同クラブを応援していく。

ベルク
「フォルテ千葉ニュータウン店」オープン

 ベルクは1月27日、「フォルテ千葉ニュータウン店」をオープンした。従来の方針どおり食のライフラインを使命とし、安心・安全で鮮度のいい食材、毎日使用する加工食品を豊富に取り揃え、低価格で提供していく。商業施設内には100円均一ショップの「Seria」、ドラッグストアの「セイムス」なども出店する。

  • 所在地・・・・・千葉県印西市中央南2-2-1
  • 敷地面積・・・2,909坪
  • 営業時間・・・9時~24時
  • 駐車台数・・・205台

成城石井
2月は2店舗のオープン

 成城石井は2月5日「フレンテ南大沢店」を、東京都八王子市の商業施設「フレンテ南大沢」の1階にオープンさせる。売場面積は46.7坪。また2月25日には、「心斎橋パルコ店」を大阪市中央区の「心斎橋パルコ」の地下1階にオープン予定。売場面積は54.6坪。

関西スーパーマーケット
「豊中南店」リニューアルオープン

 関西スーパーマーケットは、1990年11月に開店した「関西スーパー豊中南店」をリニューアルし、1月25日に再オープンした。リニューアルでは、希少糖を使用した総菜など毎日の健康な食卓をサポートする「デリカステーション」、野菜たっぷりの「サラダステーション」、産地を厳選したトマトを豊富に取り揃えた「TOMATOMA FARM」、徳島県から取り寄せた新鮮な野菜や果物を展開する「すきとく市」などを設置し、顧客の健康な毎日を応援する店舗づくりを目指した。また、抗菌店内カゴや抗菌グリップアルミカートを導入したほか、バックヤードには殺菌・除菌・消臭効果のある炭酸次亜水生成装置を設置。コロナ禍での新たな生活様式を意識した対応も行った。

  • 所在地・・・・・大阪府豊中市大黒町1-20-1
  • 売場面積・・・438坪
  • 駐車台数・・・93台
  • 従業員数・・・47.5名(正社員15名、パート・アルバイト8時間換算32.5名)

マックスバリュ東海
「上野店」リフレッシュオープン

 マックスバリュ東海は1月29日、「マックスバリュ上野店」をリフレッシュオープンする。“伊賀の「おいしさ」と「便利」を追求する”を店舗スローガンに、売場や設備を刷新。地域商品を拡充し、季節感のある売場展開に力を入れていく。

  • 所在地・・・・・三重県伊賀市四十九町字堂山1850(イオンタウン伊賀上野 内)
  • 売場面積・・・704坪
  • 従業員数・・・76名(うち正社員13名)

さとうグループ
「ミニフレッシュ大屋店」新装オープン

 さとうグループは1月21日、「ミニフレッシュ大屋店」を新装オープンした。リニューアルでは、品揃え、価格、店舗内外装、一部の設備機器などを更新した。「ミニフレッシュ」は、生鮮食品から調味料・乾物類・日用品など、日常生活に欠かせない必需品を“EDLP”(エブリディ・ロープライス)のコンセプトで取り揃え、コンパクトなサイズで買い回りやすくした店舗業態。

  • 所在地・・・・・兵庫県養父市大屋町夏梅341-1
  • 売場面積・・・150坪
  • 従業員数・・・社員3名、パート・アルバイト7名(8時間換算)

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media