楽天、米リフトの株価下落で1030億円の減損損失を計上

ロイター
Pocket

楽天ロゴ
11月5日、楽天は、2019年7─9月期の連結決算で、約1030億円の減損損失を計上する見込みと発表した。写真は都内で5月撮影(2019年 ロイター/Sam Nussey)

 楽天は11月5日、持分法適用会社である米ライドシェア大手リフトについて、約1030億円の減損損失を2019年7〜9月期に計上する見込みだと発表した。楽天はリフトの筆頭株主となっているが、同社の株価が大幅に下落していることから、減損損失を計上する必要があると判断した。

 リフトは19年3月、同業のウーバーテクノロジーズは5月に相次いで株式を上場したが、赤字が続いていることが嫌気され、両社とも上場後の株価は低迷している。

 リフトが10月30日に発表した7〜9月期の業績は、売上高は前年同期比63.3%増の9億5560万ドル(約1050億円)と大きく伸びたが、純損益は4億6350万ドルの赤字(前年同期は2億4920万ドルの赤字)だった。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media