週刊コンビニニュース セブンイレブン、戦略強化で7-Eleven International LLCを設立

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

一週間のコンビニエンスストア(CVS)に関するニュースをまとめた週刊コンビニニュース。セブン-イレブン・ジャパンと7-Eleven,Inc.(米国)は、共同出資による7-Eleven International LLC(以下7IN)を設立した。世界におけるセブンイレブンブランドの成長と、既存の海外ライセンシーへの価値やサポートの提供に関して、両社の責任と関与を強化していくことがねらい。また、北米で培った強みと、日本で培った強みを融合することで、商品開発力やデジタル技術、ESG(環境・社会・ガバナンス)などに重点を置きながらグローバルブランドの価値向上に努めていく。7INの本部機能は米国テキサス州に置き、テキサスと東京に営業拠点を設ける。テキサスは南米・欧州・中東・アフリカ・オセアニア地区を、東京はアジア地区の全域をカバーする(1月11日〜17日のニュースをまとめました)。

セブンイレブン

セブン-イレブン
全国で“北海道フェア”を開催

 セブン-イレブン・ジャパンは1月11日より順次、“北海道フェア”として北海道ゆかりの商品や道産の食材を使用した商品計11品を発売する。第1弾では5品を、18日からの第2弾では6品を発売。今回発売する商品のひとつのチルド弁当「ぶたはげ監修 炭火焼き豚丼」(税抜580円)は、畜産業が盛んな帯広の豚丼有名店「ぶたはげ」が監修した。

ファミリーマート①
年に一度のいちごの祭典
スプーンに続きフォークも軽量化

 ファミリーマートは1月11日から24日までの期間、「あまおういちご」や「とちおとめ」などの旬のいちごを使用したスイーツ・パン・ドリンク・アイスなどのオリジナル商品18種類を展開する「ファミマのいちご収穫祭」を実施。累計販売2,000万食を突破した人気商品のバタービスケットサンドの限定いちご味「バタービスケットサンド あまおう苺」(税込248円)や、「いちごのフルーツサンド」(360円)、「いちごミルク」(248円)など、旬のいちごをたっぷり味わえる商品をラインナップした。

 また同社は、持ち手部分を穴の開いたデザインにしてプラスチックの使用量を削減したスプーンに続き、パスタなどで利用してもらうフォークについても同様にデザイン変更を行う。新デザインのフォークの取り扱いは、1月25日から順次、関東地方と東海地方から開始。今夏までに全国の店舗に拡大する。スプーンとフォークのデザイン変更によるプラスチックの見込削減量は合わせて年間約87トン。

ファミリーマート②
「ラインソックス」の累計販売数が100万足突破
全国のストアスタッフ発案の地域限定弁当を一斉発売

 ファミリーマートのオリジナルブランド「コンビニエンスウェア」の「ラインソックス」が昨年3月発売以来、累計販売数で100万足を突破した。「ラインソックス」は現在、男女兼用、婦人用、紳士用で計11種類を展開。SNSでも話題となりヒットを続けている。100万足突破を記念し、1月11日から31日までの期間「ラインソックス」を含むすべてのソックスを対象に、3足1,000円(税込)の記念セールを実施する。

 また同社は、全国各地のストアスタッフが発案した各地域限定の弁当「がっつきメシ」を、1月18日から2月7日までの期間全国11地域で発売する。「正月明けに食べたいがっつきメシで心の解放」をテーマに弁当のアイデアを募集し、集まった1,713件のアイデアのなかから各地域の「がっつきメシ」11種類を決定した。

ローソン
<中部地区>「シェ・シバタ」監修の6品を2ケ月連続で発売
<近畿地区>伝統のすき焼きおにぎり
「生ガトーショコラ」を初めてリニューアル

 ローソンは中部地区の店舗で、岐阜県多治見市や名古屋市などで店舗展開する人気の洋菓子店「シェ・シバタ」監修のデザートとベーカリーを発売する。1月18日からの第1弾では3品、2月15日からの第2弾では3品の合計6品を予定。今回発売する商品は、「シェ・シバタ」のオーナーシェフ柴田武氏がアンバサダーを務めるフランスの有名チョコレートメーカー「セモア」のチョコレートを使用した商品など、CVS向けとして開発した。

 また同社は1月25日、奈良県の大和高田市立高田商業高等学校の生徒たちと共同で開発したおにぎり「牛すき焼きおにぎり」(税込140円)を、近畿地区の店舗で発売する。同校で60年続く、在校生が新入生にすき焼きをつくって振る舞う「すき焼きパーティー」をコンセプトにした商品で、大和高田市の新名物にしたいという提案を受けて開発した。

 昨年9月発売、4日間で100万個、12月に累計販売数1,000万個を突破した「生ガトーショコラ」(税込220円)をローソンは、リニューアルして1月24日に発売する。原材料の配合を変更し、生クリームやクーベルチュールチョコなどを増やして、より一層しっとりとした口当たりとなるようにした。また、同日には新フレーバーである「生ガトーショコラ ほんのりいちご」(230円)も併せて発売する。

ミニストップ
「真鯛らーめん 麺魚」監修のカップ麺
Xフライドポテト3個分の「バケツポテト」

 ミニストップは、東京・錦糸町の人気行列店「真鯛らーめん 麺魚」が監修したオリジナルカップ麺「麺魚じわ辛濃厚鯛だしらーめん」(税込224円)を1月11日に発売した。濃厚鯛だしスープに、ラー油・唐辛子の辛味、山椒のしびれをアクセントとして加えた。

 また同社は、レジ横カウンターケースの人気NO.1商品「Xフライドポテト」が3個分入った「バケツポテト」(税込641円)を1月14日に発売。年末年始に実施した「1.5倍増量セール」が予測を上回る販売となったことや、過去の企画限定販売において、見た目のインパクトや楽しさが反響を呼んだことなどから、「バケツポテト」を復活させ通常メニューとして提供していくことにした。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media