「ナチュラルローソン」で食品の量り売り、都内の一部店舗で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ナチュラルローソン
7月8日から、「ナチュラルローソン」の一部店舗でドライフルーツとナッツ類の量り売りを始めた。

 ローソンは7月8日から、「ナチュラルローソン」の一部店舗でドライフルーツとナッツ類の量り売りを始めた。ナチュラルローソンは健康や環境への意識が高い利用者が多いため、量り売りによってプラスチックの削減につなげる。

 「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」(東京都港区)を皮切りに、都内の5店舗で順次、食品の量り売りを始める。取扱商品は、ドライフルーツが「国産輪切りレモン」(10グラム当たり税込86.4円)など3品、ナッツ類が「素焼きアーモンド」(同46.4円)など5品。

 ナチュラルローソンではプラスチック削減のため、洗剤やシャンプー、ボディソープなどでの量り売りを10店舗で先行して実施しており、今回はこのうちの5店舗で食品の量り売りも行う。

 また、8月17日からは「ナチュラルローソン芝浦海岸通店」など都内の8店舗で、無料で提供しているスプーンを木製に切り替える実証実験を始める。期間は約3カ月間。木製スプーンを紙製の袋に入れて提供する。この8店舗では割りばしの袋も紙製に切り替える。

都内ナチュラルローソンの一部店舗で販売を始めるドライフルーツとナッツの量り売り
専用の什器を設置し、ドライフルーツとナッツ類の量り売りを行う

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media