スギHD21年2月期決算詳報、売上高6000億円突破で4期連続の増収増益 来期も好調見込む

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

ドラッグストア(DgS)チェーンスギ薬局(愛知県/杉浦克典社長)を傘下に持つスギホールディングス(同:以下スギHD)は4月13日、2021年2月期(20年度)決算説明会を行った。コロナ需要に沸くDgS業界。スギHDも4期連続の増収増益および過去最高益を達成する好調な着地となった。

売上高6000億円突破

 スギHDの2021年2月期連結決算は、売上高は6025億1000万円で対前年同期比111.2%、営業利益は337億100万円で同113.2%、いずれも大幅な増収増益となった。また、当期純利益は同101.6%で過去最高益を更新、11ヶ月連続での増益となった。

 増収増益の要因として、主力である「スギ薬局」事業の売上高が、コロナ禍によってマスクや消毒薬などの需要増加を受けて同112.7%と伸長したことが挙げられる。調剤部門は、コロナ禍での受診控えや長期処方、薬価改定などで逆風を受ける形になったが、売上高は対前期比2桁増を維持。処方箋単価の上昇、仕入金額やジェネリック医薬品の直接取引を拡大したことで、利益率が改善されたことが要因と見られる。

 20年度は関東に34店舗など合計121店舗を新規出店、計画を上回る出店を行った。これにより期末店舗数は1391店舗となり、約5年間で総店舗数が4割増加している。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media