ロピアが飲食店を続々開業! その先に見据える野望とは

2021/04/13 05:59
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵
Pocket

今、最も成長著しい食品スーパー企業の1つと言えるロピア(神奈川県/高木勇輔社長)。
同社は19年に新会社eatopia(イートピア)を立ちあげ、外食事業にも参入していることで知られる。そんな同社が、新型コロナウイルス感染拡大下で外食業界が落ち込むなか、次々と新たな飲食店をオープンしていることをご存知だろうか。そのうちの2店を実際に訪問し、ロピアの外食事業の今に迫った。

コロナ禍で外食企業が苦戦するなか、絶好調スーパーのロピアが飲食店を続々とオープンさせている
コロナ禍で外食企業が苦戦するなか、絶好調スーパーのロピアは飲食店を続々とオープンさせている

銀座に完全個室制の
フルサービス焼肉店を開業

 最初にロピアの外食事業が話題になったのは2019年4月、千葉県松戸市の商業施設「キテミテマツド」内に出店した「ロピア松戸店」内に、割烹料理店「窯焼き割烹 黒泉」をオープンした。精肉専門店のバックヤードにひっそり設けられた店で、完全予約制で提供メニューは5000円(税抜、以下同)の1コースのみ。おそらく実験店という位置づけから、ウニやキャビア、フカヒレなどを使った採算度外視と思われるメニューを提供し、業界関係者だけでなく一部のグルメ通からも注目を集めた。

 本格的な飲食店をオープンしたのは19年11月。東京・銀座にオープンしたこだわりの飲食店を集積した商業施設「GICROS GINZA GEMS(ジクロス ギンザ ジェムズ)」7階に焼肉店「銀座山科」を開業した。

 同店は精肉店を起こりとするロピアの強みを生かし、上質な和牛をリーズナブルに楽しめることをコンセプトにした店だ。完全個室制で、専属の焼き師が肉の状態や部位・カットに合わせ火入れまで行う。贅を尽くしたメニュー・サービスでありながら、コース料理は税抜1万円~と、銀座という立地を鑑みると比較的リーズナブルに楽しめるため、グルメレビューサイトでも高評価を獲得する人気店となっている。

ロピアの飲食店1号店「銀座山科」が入る商業施設。さらに20年9月には同施設8階にも店をオープンした。
ロピアの飲食店1号店「銀座山科」が入る商業施設。さらに20年9月には同施設8階にも店をオープンした

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media