生産性向上にスター社員の成果最大化…AOKIが進めるリモート接客戦略に透けるアパレル販売の新常態

2021/04/08 05:55
油浅健一
Pocket

AOKIホールディングス傘下のAOKIがリモート接客を強化している。20~40代のビジネスパーソンがメーンターゲットのORIHICA事業部で各種施策を展開。オンラインとリアル店舗が互いを補完し合い、境目のない販売体験を提供することで、新型コロナで加速した購買パターン変容に柔軟に対応する体制の構築をめざす。AOKI ORIHICAマーケティング販促部次長の鈴木恭平氏に、そのねらいや展望を聞いた。

商品紹介からコーディネートまで提案するリモート接客の様子
商品紹介からコーディネートまで提案するリモート接客の様子

リモート接客導入のねらい

 新型コロナによる来店控えなどによって、リアル店舗小売業に新たな販売チャネルや顧客接点が求められる中、AOKIのORIHICA事業部では当初の計画を前倒しするかたちで、20212月からリモート接客の本格導入をスタートさせた。

 同社ORIHICAマーケティング販促部次長の鈴木恭平氏はその理由について「もともとデジタル接客は伸びる領域とみていたが、新型コロナにより3か月程度の前倒しで導入することになった。『ORIHICA』はデジタルとの親和性の高い世代がメーンターゲットであり、また、店舗が首都圏中心なので物理的な補完にもなると考えている」と説明した。

 AOKIでは公式オンラインショップにおける利便性向上に以前から取り組んできた。今回新たに提供するリモート接客「リモートスタイリングサービス」はそれらをより強固にし、補完するものとなる。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media