常盤勝美の実践ウェザーMD #4 活用すべき気象データ10選と実践方法

常盤勝美(True Data 流通気象コンサルタント)
Pocket

「いろいろなサイトに気象情報が出ているけれど、どのデータをどのように使ったら良いのかわからない」――。ウェザーMDにチャレンジしようとする方が最初に悩むポイントです。本連載では、そんな方々と一緒に「誌上ウェザーMD」を実践していきたいと思います。次回以降、気象庁から発表されている最新の長期予報(3カ月予報)を使い、予想されている気象条件から「どのような商品の売り込みを強化する計画を立てるか」を毎月解説していきます。その準備として、今回は、ウェザーMDの実践にあたって覚えておくべき基本法則、よく使う気象データ、ウェザーMD実践手順を解説します。

ekapol / istock
ekapol / istock

ポイントは「情報の鮮度」

 まず、ウェザーMDで活用すべき気象データを図表①にまとめました。

情報種類 情報内容 更新頻度 注目ポイント 活用用途
レーダー・ナウキャスト 直前までの雨雲の動き(レーダー)および現在から1時間先までの雨雲の動きの予測(ナウキャスト) 5分間隔 雨の降り出し・降りやみ時刻の推定 客足動向の把握、値引き販売開始タイミングの見極め
高解像度降水ナウキャスト レーダー・ナウキャストの高解像度版 同上 局地的な雨雲の把握も可能 同上
天気予報 最大3日先までの天気予報 1日3回(5時、11時、17時) 最大3日先までの天気、気温の変化把握 主に生鮮、日配品の発注仕入れにあたってのお客様のニーズ予測
週間予報 7日先までの天気予報 1日1回(11時) 向こう1週間の天気、気温の変化把握 主に加工食品、日用品の発注仕入れにあたってのお客様のニーズ予測
2週間気温予報 8日先から12日先まで5日間平均した日平均気温平年差 1日1回(14時半過ぎ) 2週目の気温傾向把握 ニーズ変化のタイミング策定、販促内容調整
1か月予報 向こう4週間の気温、降水量、日照時間予測 毎週木曜日 向こう1か月間の週単位の気温傾向把握 ニーズ変化のタイミング策定、販促内容調整
3か月予報 向こう3か月の気温、降水量、日照時間予報 毎月25日頃 向こう3か月間の月単位の気温傾向把握 営業計画、販売・販促計画策定
アメダス 気温、降水量、風向・風速、日照時間の実況値 1時間ごと 現在の気温等の確認 当日の最高・最低気温入力
過去の気象データ(またはこちら)) 観測開始以降、昨日までの実績値 毎日 昨日までの天気等の把握 販売分析、来店客数分析等

 もちろん、気象庁で日々発表、更新される情報はこれだけではありません。その気になれば膨大な情報を入手することもできますが、今回は、数あるデータの中から、流通小売業界の関係者にこまめにチェックしていただきたいものをピックアップしました。とくに注目いただきたいのは「発表頻度(間隔)」です。

 気象に限らず情報は、発表と同時に鮮度の低下がはじまります。発表間隔を把握していないと、実は古い情報を基にした意思決定を行っていた……、ということにもつながりかねません。情報鮮度が落ちれば落ちるほど、その情報を基にした意思決定の精度も低下します。可能な限り、新しいデータを使うことを心がけてください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media